メニュー
Amazon Route 53
開発者ガイド (API Version 2013-04-01)

位置情報エイリアスリソースレコードセットの値

位置情報エイリアスリソースレコードセットを作成するときは、以下の値を指定します。

注記

プライベートホストゾーンでの位置情報エイリアスリソースレコードセットの作成はサポートされていません。

名前

トラフィックをルーティングするドメインまたはサブドメインの名前を入力します。デフォルト値はホストゾーンの名前です。

注記

ホストゾーンと同じ名前のリソースレコードセットを作成する場合は、[Name] フィールドに値 (@ 記号など) を入力しないでください。

位置情報リソースレコードセットのグループで、すべてのリソースレコードセットに同じ名前を入力します。

CNAME リソースレコードセット

[Type] の値が [CNAME] であるリソースレコードセットを作成する場合は、そのリソースレコードセットの名前をホストゾーンの名前と同じものにできません。

CloudFront ディストリビューションと Amazon S3 バケットに対応するエイリアス

指定する値は、トラフィックをルーティングする AWS リソースによって一部異なります。

  • CloudFront ディストリビューション – ディストリビューションには、リソースレコードセットの名前と一致する代替ドメイン名が含まれる必要があります。たとえば、リソースレコードセット名が [acme.example.com] の場合、CloudFront ディストリビューションには代替ドメイン名の 1 つとして [acme.example.com] が含まれる必要があります。詳細については、Amazon CloudFront 開発者ガイド の「代替ドメイン名 (CNAMEs) を使用する」を参照してください。

  • Amazon S3 バケット – リソースレコードセット名は、Amazon S3 バケット名と一致する必要があります。たとえば、バケット名が [acme.example.com] である場合、このリソースレコードセット名も [acme.example.com] である必要があります。

    また、ウェブサイトホスティング用にバケットを設定する必要があります。詳細については、Amazon Simple Storage Service 開発者ガイド の「バケットをウェブサイトホスティング用に設定」を参照してください。

特殊文字

a~z、0~9、- (ハイフン) 以外の文字を指定する方法、および国際化されたドメイン名を指定する方法については、「DNS ドメイン名の形式」を参照してください。

ワイルドカード文字

名前にはアスタリスク (*) を使用できます。DNSは、名前の中の位置に応じて、「*」をワイルドカードまたはアスタリスク (ASCII 42) として処理します。詳細については、「ホストゾーンおよびリソースレコードセット名のアスタリスク (*) を使用する」を参照してください。

タイプ

DNS レコードタイプ。詳細については、「サポートされる DNS レコードタイプ」を参照してください。

トラフィックをルーティングする AWS リソースに基づいて、適切な値を選択します。

CloudFront ディストリビューション

[A – IPv4 address] を選択します。

ディストリビューションに対して IPv6 が有効になっている場合は、2 つのリソースレコードセットを作成します。1 つは、[Type] の値として [A — IPv4 address] を使います。もう 1 つは、値として [AAAA — IPv6 address] を使います。

ローカル化されたサブドメインがある Elastic Beanstalk 環境

[A – IPv4 address] を選択します

ELB ロードバランサー

[A — IPv4 address] または [AAAA — IPv6 address] を選択します

Amazon S3 バケット

[A – IPv4 address] を選択します

このホストゾーン内の別のリソースレコードセット

エイリアスを作成するリソースレコードセットのタイプを選択します。[NS] および [SOA] 以外のすべてのタイプがサポートされます。

位置情報リソースレコードセットのグループで、すべてのリソースレコードセットに同じ値を選択します。

エイリアス

[Yes] を選択します。

エイリアス先

指定する値は、トラフィックをルーティングする AWS リソースによって異なります。

CloudFront ディストリビューション

注記

プライベートホストゾーンで CloudFront ディストリビューション用のエイリアスリソースレコードセットを作成することはできません。

CloudFront ディストリビューションの場合は、次のいずれかの操作を実行します。

  • Amazon Route 53 ホストゾーンと CloudFront ディストリビューションを作成する際に同じアカウントを使用している場合 – [Alias Target] を選択し、リストからディストリビューションを選択します。ディストリビューションが多数ある場合は、ディストリビューションのドメイン名の最初の数文字を入力することでリストをフィルタ処理できます。

    ディストリビューションがリストに表示されていない場合は、次の点を確認してください。

    • このリソースレコードセットの名前は、ディストリビューションの代替ドメイン名に一致する必要があります。

    • ディストリビューションに代替ドメイン名を追加した直後であれば、変更がすべての CloudFront エッジロケーションに伝達されるまでに 15 分程度かかる場合があります。変更が伝達されるまで、Amazon Route 53 は新しい代替ドメイン名を認識できません。

  • Amazon Route 53 ホストゾーンとディストリビューションを作成する際に異なるアカウントを使用している場合 – ディストリビューションの CloudFront ドメイン名を入力します (たとえば、d111111abcdef8.cloudfront.net)。

    1 つの AWS アカウントを使用して現在のホストゾーンを作成し、別のアカウントを使用してディストリビューションを作成した場合、ディストリビューションは [Alias Targets] リストに表示されません。

    1 つのアカウントを使用して現在のホストゾーンを作成し、1 つ以上の数種のアカウントを使用してすべてのディストリビューションを作成した場合、[Alias Targets] リストの [CloudFront Distributions] の下に [No Targets Available] が表示されます。

重要

すべてのエッジロケーションに伝達されていない CloudFront ディストリビューションにクエリをルーティングしないでください。その場合、ユーザーは該当するコンテンツにアクセスできません。

CloudFront ディストリビューションには、リソースレコードセットの名前と一致する代替ドメイン名が含まれる必要があります。たとえば、リソースレコードセット名が [acme.example.com] の場合、CloudFront ディストリビューションには代替ドメイン名の 1 つとして [acme.example.com] が含まれる必要があります。詳細については、Amazon CloudFront 開発者ガイド の「代替ドメイン名 (CNAMEs) を使用する」を参照してください。

ディストリビューションに対して IPv6 が有効になっている場合は、2 つのリソースレコードセットを作成します。1 つは、[Type] の値として [A — IPv4 address] を使います。もう 1 つは、値として [AAAA — IPv6 address] を使います。

ローカル化されたサブドメインがある Elastic Beanstalk 環境

ローカル化されたサブドメインがある Elastic Beanstalk 環境の場合は、次のいずれかを実行します。

  • Amazon Route 53 ホストゾーンと Elastic Beanstalk 環境を作成する際に同じアカウントを使用している場合 – [Alias Target] を選択し、リストから環境を選択します。環境が多数ある場合は、環境の CNAME 属性の最初の数文字を入力することでリストをフィルタ処理できます。

  • さまざまなアカウントを使用して Amazon Route 53 ホストゾーンおよび Elastic Beanstalk 環境を作成した場合 – Elastic Beanstalk 環境の CNAME 属性を入力します。

ELB ロードバランサー

ELB ロードバランサーの場合は、次のいずれかの操作を実行します。

  • Amazon Route 53 ホストゾーンとロードバランサーを作成する際に同じアカウントを使用している場合 – [Alias Target] を選択し、リストからロードバランサーを選択します。ロードバランサーが多数ある場合は、DNS 名の最初の数文字を入力することでリストをフィルタ処理できます。

  • Amazon Route 53 ホストゾーンとロードバランサーを作成する際に異なるアカウントを使用している場合 – 「ELB ロードバランサーの DNS 名の取得」の手順で取得した値を入力します。

    1 つの AWS アカウントを使用して現在のホストゾーンを作成し、別のアカウントを使用してロードバランサーを作成した場合、ロードバランサーは [Alias Targets] リストに表示されません。

    1 つのアカウントを使用して現在のホストゾーンを作成し、1 つ以上の数種のアカウントを使用してすべてのロードバランサーを作成した場合、[Alias Targets] リストの [Elastic Load Balancers] の下に [No Targets Available] が表示されます。

どちらの場合も、コンソールでは DNS 名に [dualstack] が付加されます。ウェブブラウザなどのクライアントが、ドメイン名 (example.com) またはサブドメイン名 (www.example.com) の IP アドレスをリクエストする場合、クライアントは IPv4 アドレス (A レコード)、IPv6 アドレス (AAAA レコード)、または IPv4 アドレスと IPv6 アドレスの両方を (別のリクエストで) リクエストできます。dualstack. の指定により、Amazon Route 53 は、クライアントがリクエストした IP アドレス形式に基づいて、ロードバランサーに対する適切な IP アドレスで応答することができます。

Amazon S3 バケット

ウェブサイトエンドポイントとして設定された Amazon S3 バケットの場合、次のいずれかを実行します。

  • Amazon Route 53 ホストゾーンと Amazon S3 バケットを作成する際に同じアカウントを使用している場合 – [Alias Target] を選択し、リストからバケットを選択します。バケットが多数ある場合は、DNS 名の最初の数文字を入力することでリストをフィルタ処理できます。

    [Alias Target] の値が、バケットの Amazon S3 ウェブサイトエンドポイントに変更されます。

  • 別のアカウントを使って Amazon Route 53 ホストゾーンと Amazon S3 バケットを作成した場合 – S3 バケットを作成したリージョンの名前を入力します。アマゾン ウェブ サービス全般のリファレンスの「AWS のリージョンとエンドポイント」章に記載されている Amazon Simple Storage Service ウェブサイトエンドポイント表の [Website Endpoint] 列の値を使用します。

    現在のアカウント以外の AWS アカウントを使用して Amazon S3 バケットを作成した場合、バケットは [Alias Targets] リストに表示されません。

ウェブサイトホスティング用にバケットを設定する必要があります。詳細については、Amazon Simple Storage Service 開発者ガイド の「バケットをウェブサイトホスティング用に設定」を参照してください。

リソースレコードセット名は、Amazon S3 バケット名と一致する必要があります。たとえば、Amazon S3 バケット名が [acme.example.com] である場合、このリソースレコードセット名も [acme.example.com] である必要があります。

加重エイリアス、レイテンシーエイリアス、フェイルオーバーエイリアス、または位置情報エイリアスのグループには、Amazon S3 バケットにクエリをルーティングするリソースレコードセットを 1 つだけ作成できます。これは、リソースレコードセット名はバケット名と一致する必要があり、バケット名はグローバルに一意である必要があるためです。

このホストゾーン内のリソースレコードセット

このホストゾーン内のリソースレコードセットの場合は、[Alias Target] を選択し、該当するリソースレコードセットを選択します。リソースレコードセットが多数ある場合は、名前の最初の数文字を入力することでリストをフィルタ処理できます。

ホストゾーンにデフォルトの NS および SOA リソースレコードセットのみが含まれる場合、[Alias Targets] リストに [No Targets Available] が表示されます。

[Alias Hosted Zone ID]

[Alias Target] で選択または入力した値に基づいて、値が自動的に表示されます。

ルーティングポリシー

[Geolocation] を選択します。

注記

プライベートホストゾーンでの位置情報エイリアスリソースレコードセットの作成はサポートされていません。

場所

クエリの発信元の場所に基づいて DNS クエリに応答するように Amazon Route 53 を設定する場合は、Amazon Route 53 がこのリソースレコードセットの設定を使用して応答する対象の大陸または国を選択します。Amazon Route 53 で米国の個別の州の DNS クエリに応答する場合は、[Location] リストから [United States] を選択し、次に [Sublocation] リストから州を選択します。

重要

[Location] の値が [Default] の位置情報リソースレコードセットを 1 つ作成することをお勧めします。これにより、リソースレコードセットを作成していない地理的場所および Amazon Route 53 が位置を識別できない IP アドレスをカバーできます。

位置情報リソースレコードセットリソースと [Name] および [Type] の値が同じである非位置情報リソースレコードセットを作成することはできません。

詳細については、「位置情報ルーティング」を参照してください。

Amazon Route 53 が各大陸に関連付ける国を次に示します。国コードは、ISO 3166 のものです。詳細については、Wikipedia の記事、「ISO 3166-1 alpha-2」を参照してください。

アフリカ (AF)

AO、BF、BI、BJ、BW、CD、CF、CG、CI、CM、CV、DJ、DZ、EG、ER、ET、GA、GH、GM、GN、GQ、GW、KE、KM、LR、LS、LY、MA、MG、ML、MR、MU、MW、MZ、NA、NE、NG、RE、RW、SC、SD、SH、SL、SN、SO、SS、ST、SZ、TD、TG、TN、TZ、UG、YT、ZA、ZM、ZW

南極 (AN)

AQ、GS、TF

アジア (AS)

AE、AF、AM、AZ、BD、BH、BN、BT、CC、CN、GE、HK、ID、IL、IN、IO、IQ、IR、JO、JP、KG、KH、KP、KR、KW、KZ、LA、LB、LK、MM、MN、MO、MV、MY、NP、OM、PH、PK、PS、QA、SA、SG、SY、TH、TJ、TM、TR、TW、UZ、VN、YE

欧州 (EU)

AD、AL、AT、AX、BA、BE、BG、BY、CH、CY、CZ、DE、DK、EE、ES、FI、FO、FR、GB、GG、GI、GR、HR、HU、IE、IM、IS、IT、JE、LI、LT、LU、LV、MC、MD、ME、MK、MT、NL、NO、PL、PT、RO、RS、RU、SE、SI、SJ、SK、SM、UA、VA、XK

北米 (NA)

AG、AI、AW、BB、BL、BM、BQ、BS、BZ、CA、CR、CU、CW、DM、DO、GD、GL、GP、GT、HN、HT、JM、KN、KY、LC、MF、MQ、MS、MX、NI、PA、PM、PR、SV、SX、TC、TT、US、VC、VG、VI

オセアニア (OC)

AS、AU、CK、FJ、FM、GU、KI、MH、MP、NC、NF、NR、NU、NZ、PF、PG、PN、PW、SB、TK、TL、TO、TV、UM、VU、WF、WS

南米 (SA)

AR、BO、BR、CL、CO、EC、FK、GF、GY、PE、PY、SR、UY、VE

注記

Amazon Route 53 では、以下の国の位置情報リソースレコードセットの作成をサポートしていません。ブーベ島 (BV)、クリスマス島 (CX)、西サハラ (EH)、ハード島とマクドナルド諸島 (HM)。これらの国の IP アドレスに関するデータは利用できません。

Sublocation

クエリの発信元である米国の州に基づいて DNS クエリに応答するように Amazon Route 53 を設定する場合は、[Sublocations] リストから州を選択します。米国の海外領土 (プエルトリコなど) は [Location] リストに国として表示されます。

重要

一部の IP アドレスは、米国と関連付けられていますが、個々の州とは関連付けられていません。米国のすべての州に対するリソースレコードセットを作成する場合は、これらの関連付けられていない IP アドレスのクエリをルーティングするために、米国のリソースレコードセットも作成することをお勧めします。米国のリソースレコードセットを作成しない場合、Amazon Route 53 は関連付けられていない米国の IP アドレスからのクエリに対して、デフォルトの位置情報リソースレコードセットの設定 (作成している場合) または "応答なし" の応答を使用して応答します。

セット ID

位置情報リソースレコードセットのグループ内で、このリソースレコードセットを一意に識別する値を入力します。

ターゲットの正常性の評価

[Alias Target] で指定された リソースの正常性をチェックすることによってこのリソースレコードセットを使用して DNS クエリに応答するかどうかを Amazon Route 53 が判断するように設定するには、[Yes] を選択します。

次の点に注意してください。

  • CloudFront ディストリビューション – エイリアスターゲットが CloudFront ディストリビューションの場合は、[Evaluate Target Health] を [Yes] に設定できません。

  • Elastic Beanstalk 環境に、ローカル化されたエンドポイントがある場合 – Elastic Beanstalk 環境を [Alias Target] で指定し、環境に ELB ロードバランサーが含まれている場合、Elastic Load Balancing はロードバランサーに登録されている正常な Amazon EC2 インスタンスのみにクエリをルーティングします (環境に複数の Amazon EC2 インスタンスが含まれている場合、自動的に ELB ロードバランサーが含まれます)。[Evaluate Target Health] が [Yes] に設定されているときに、正常な Amazon EC2 インスタンスがない場合やロードバランサー自体が正常でない場合、Amazon Route 53 は、他の利用可能で正常なリソース (ある場合) にクエリをルーティングします。

    環境に 1 つの Amazon EC2 インスタンスが含まれている場合、特別な要件はありません。

  • ELB ロードバランサー – [Alias Target] に ELB ロードバランサーを指定すると、Elastic Load Balancing は、ロードバランサーに登録されている正常な Amazon EC2 インスタンスにのみクエリをルーティングします。[Evaluate Target Health] が [Yes] に設定されているときに、正常な Amazon EC2 インスタンスがない場合やロードバランサー自体が正常でない場合、Amazon Route 53 は、他のリソースにクエリをルーティングします。

    ロードバランサーを作成するときは、Elastic Load Balancing ヘルスチェックの設定を行います。これは Amazon Route 53 ヘルスチェックではありませんが、同様の機能を実行します。ELB ロードバランサーに登録する Amazon EC2 インスタンスに対しては Amazon Route 53 ヘルスチェックを作成しないでください。

    詳細については、「複雑な Amazon Route 53 構成におけるヘルスチェックの動作」を参照してください。

  • S3 バケット – エイリアスターゲットが S3 バケットである場合、[Evaluate Target Health] を [Yes] に設定するための特別な要件はありません。

  • その他のリソースレコードセット – [Alias Target] に指定した AWS リソースが、別のエイリアスリソースレコードセットではなく、リソースレコードセットまたはリソースレコードセットのグループ (たとえば、加重リソースレコードセットのグループ) の場合は、エイリアスターゲットのすべてのリソースレコードセットにヘルスチェックを関連付けることをお勧めします。詳細については、「ヘルスチェックを省略するとどうなるか」を参照してください。

1 つ以上のエンドポイントの障害に対応するだけのアイドル状態の容量がある場合にのみ、[Evaluate Target Health] を [Yes] に設定することをお勧めします。

ヘルスチェックとの関連付け/関連付けるヘルスチェック

Amazon Route 53 で指定されたエンドポイントの正常性をチェックし、エンドポイントが正常であるときにのみ、このリソースレコードセットを使用して DNS クエリに応答する場合は、[Yes] を選択します。その後で、このリソースレコードセットに対して Amazon Route 53 で実行するヘルスチェックを選択します。

Amazon Route 53 は、リソースレコードセット内の指定されたエンドポイント、たとえば、[Value] フィールドの IP アドレスで指定されたエンドポイントの正常性はチェックしません。Amazon Route 53 は、リソースレコードセットのヘルスチェックを選択したとき、ヘルスチェックで指定されたエンドポイントの正常性をチェックします。エンドポイントが正常であるかどうかを、Amazon Route 53 がどのように判断するかについては、「Amazon Route 53 がエンドポイントの正常性を判断する方法」を参照してください。

ヘルスチェックをリソースレコードセットに関連付けることに意味があるのは、Amazon Route 53 が複数のリソースレコードセットの中から選択して DNS クエリに応答しており、その選択の一部をヘルスチェックのステータスに基づいて行うように Amazon Route 53 を設定する必要がある場合だけです。以下の設定でのみ、ヘルスチェックを使用してください。

  • フェイルオーバー、位置情報、レイテンシー、複数値、または加重リソースレコードセットのグループで、すべてのリソースレコードセットの正常性をチェックしており、すべてのリソースレコードセットのヘルスチェック ID を指定する。リソースレコードセットのヘルスチェックが正常ではないエンドポイントを特定した場合、Amazon Route 53 はそのリソースレコードセットの値を使用してクエリへの応答を停止します。

  • フェイルオーバーエイリアス、位置情報エイリアス、レイテンシーエイリアスまたは加重エイリアスリソースレコードセットのグループのエイリアスリソースレコードセットまたはリソースレコードセットで、[Evaluate Target Health] に [Yes] を選択する。エイリアスリソースレコードセットが同じホストゾーン内の非エイリアスリソースレコードセットを参照する場合、参照先リソースレコードセットのヘルスチェックも指定する必要があります。

位置情報リソースレコードセットで、エンドポイントが異常状態である場合、Amazon Route 53 は、より大きい、関連付けられた地理的リージョンのリソースレコードセットを探します。たとえば、米国の 1 つの州、米国、北米、およびすべての場所 ([Location] が [Default]) のリソースレコードセットがあるとします。州のリソースレコードセットのエンドポイントが異常状態である場合、Amazon Route 53 は、正常なエンドポイントがあるリソースレコードセットが見つかるまで、米国、北米、すべての場所のリソースレコードセットを、この順序で確認します。

ヘルスチェックでドメイン名によってのみエンドポイントを指定する場合、エンドポイントごとにヘルスチェックを作成することをお勧めします。たとえば、www.example.com のコンテンツを配信する各 HTTP サーバーについて、ヘルスチェックを作成します。[Domain Name] の値には、リソースレコードセットの名前 (example.com など) ではなく、サーバーのドメイン名 (us-east-2-www.example.com など) を指定します。

重要

この構成で、[Domain Name] の値がリソースレコードセットの名前と一致するヘルスチェックを作成し、それらのリソースレコードセットにヘルスチェックを関連付けた場合、ヘルスチェックで予想できない結果が生じます。

エンドポイントのヘルスチェックの詳細については、「Amazon Route 53 ヘルスチェックの作成と DNS フェイルオーバーの設定」を参照してください。