メニュー
Amazon Route 53
開発者ガイド (API Version 2013-04-01)

AWS Elastic Beanstalk 環境へのトラフィックルーティング

AWS Elastic Beanstalk を使用して AWS クラウドでアプリケーションをデプロイおよび管理している場合、Amazon Route 53 を使用してドメイン (example.com) の DNS トラフィックを既存の Elastic Beanstalk 環境にルーティングできます。

DNS トラフィックを Elastic Beanstalk 環境にルーティングするには、以下の各トピックの手順を参照してください。

注記

これらの手順は、すでに Amazon Route 53 をドメインの DNS サービスとして使用していることを前提としています。別の DNS サービスを使用している場合は、「親ドメインを移行しないで Amazon Route 53 を サブドメインの DNS サービスとして使用する」で Amazon Route 53 への DNS サービスの移行について参照してください。

Elastic Beanstalk 環境へのアプリケーションのデプロイ

トラフィックのルーティング先の Elastic Beanstalk 環境がすでにある場合、「Elastic Beanstalk 環境のドメイン名の取得」にスキップしてください。

アプリケーションを作成し、Elastic Beanstalk 環境にデプロイするには

  • アプリケーションの作成と Elastic Beanstalk 環境へのデプロイについては、『AWS Elastic Beanstalk 開発者ガイド』の「Elastic Beanstalk の使用開始」を参照してください。

Elastic Beanstalk 環境のドメイン名の取得

Elastic Beanstalk 環境のドメイン名をすでに知っている場合、「Elastic Beanstalk 環境にトラフィックをルーティングする Amazon Route 53 リソースレコードセットの作成」にスキップしてください。

Elastic Beanstalk 環境のドメイン名を取得するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Elastic Beanstalk コンソール (https://console.aws.amazon.com/elasticbeanstalk/) を開きます。

  2. アプリケーションのリストで、トラフィックをルーティングするアプリケーションを見つけ、[URL] の値を取得します。

Elastic Beanstalk 環境にトラフィックをルーティングする Amazon Route 53 リソースレコードセットの作成

Amazon Route 53 リソースレコードセットには、トラフィックを Elastic Beanstalk 環境にルーティングする方法をコントロールする設定が含まれています。環境をデプロイしたリージョン (us-east-2 など) が環境のドメイン名に含まれているかどうかに応じて、CNAME リソースレコードセットまたはエイリアスリソースレコードセットを作成します。新しい環境では、ドメイン名にリージョンが含まれています。2016 年初期より前に作成された環境では含まれていません。CNAME とエイリアスリソースレコードセットの比較については、「エイリアスリソースレコードセットと非エイリアスリソースレコードセットの選択」を参照してください。

ドメイン名にリージョンが含まれていない場合

CNAME リソースレコードセットを作成する必要があります。ルートドメイン名に対して CNAME リソースレコードセットを作成することはできません。たとえば、ドメイン名が example.com の場合、acme.example.com のトラフィックを Elastic Beanstalk 環境にルーティングするリソースレコードセットは作成できますが、example.com のトラフィックを Elastic Beanstalk 環境にルーティングするリソースレコードセットは作成できません。

CNAME リソースレコードセットを作成してトラフィックを Elastic Beanstalk 環境にルーティングするには」の手順を参照してください。

ドメイン名にリージョンが含まれている場合

エイリアスリソースレコードセットを作成できます。エイリアスリソースレコードセットは Amazon Route 53 に固有であり、CNAME リソースレコードセットより大きな利点が 2 つあります。

  • エイリアスリソースレコードセットは、ルートドメイン名またはサブドメインに作成できます。たとえば、ドメイン名が example.com の場合、example.com または acme.example.com のリクエストを Elastic Beanstalk 環境にルーティングするリソースレコードセットを作成できます。

  • Amazon Route 53 では、トラフィックをルーティングするためにエイリアスリソースレコードセットを使用するリクエストに料金は発生しません。

Amazon Route 53 エイリアスリソースレコードセットを作成してトラフィックを Elastic Beanstalk 環境にルーティングするには」の手順を参照してください。

CNAME リソースレコードセットを作成してトラフィックを Elastic Beanstalk 環境にルーティングするには

  1. AWS マネジメントコンソール にサインインし、https://console.aws.amazon.com/route53/ にある Amazon Route 53 コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Hosted Zones] を選択します。

  3. Elastic Beanstalk 環境へのトラフィックのルーティングに使用するホストゾーンの名前を選択します。

  4. [Create Record Set] を選択します。

  5. 次の値を指定します。

    名前

    Elastic Beanstalk 環境へのトラフィックのルーティングに使用するドメイン名を入力します。デフォルト値はホストゾーンの名前です。

    たとえば、ホストゾーンの名前が example.com で、acme.example.com を使用してトラフィックを環境にルーティングする場合、「acme」と入力します。

    重要

    ホストゾーンと同じ名前を持つ CNAME レコードを作成することはできません。

    タイプ

    [CNAME – Canonical name] を選択します。

    エイリアス

    [No] を選択します。

    TTL (Seconds)

    デフォルト値の [300] をそのまま使用します。

    トラフィックをルーティングする環境のドメイン名を入力します。これは、トピック「Elastic Beanstalk 環境のドメイン名の取得」の手順を実行したときに取得する値です。

    ルーティングポリシー

    デフォルト値の [Simple] をそのまま使用します。

  6. [Create] を選択します。

    通常、変更は 60 秒以内にすべての Amazon Route 53 サーバーに伝達されます。

Amazon Route 53 エイリアスリソースレコードセットを作成してトラフィックを Elastic Beanstalk 環境にルーティングするには

  1. AWS マネジメントコンソール にサインインし、https://console.aws.amazon.com/route53/ にある Amazon Route 53 コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Hosted Zones] を選択します。

  3. Elastic Beanstalk 環境へのトラフィックのルーティングに使用するホストゾーンの名前を選択します。

  4. [Create Record Set] を選択します。

  5. 次の値を指定します。

    名前

    Elastic Beanstalk 環境へのトラフィックのルーティングに使用するドメイン名を入力します。デフォルト値はホストゾーンの名前です。

    たとえば、ホストゾーンの名前が example.com で、acme.example.com を使用してトラフィックを環境にルーティングする場合、「acme」と入力します。

    タイプ

    デフォルト値の [A – Ipv4 address] をそのまま使用します。

    エイリアス

    [Yes] を選択します。

    エイリアス先

    フィールド内をクリックし、トラフィックをルーティングする環境のドメイン名を選択します。これは、トピック「Elastic Beanstalk 環境のドメイン名の取得」の手順を実行したときに取得する値です。

    [Alias Hosted Zone ID]

    [Alias Target] で選択した環境に基づいて、値が自動的に表示されます。

    ルーティングポリシー

    デフォルト値の [Simple] をそのまま使用します。

    ターゲットの正常性の評価

    デフォルト値の [No] をそのまま使用します。

  6. [Create] を選択します。

    通常、変更は 60 秒以内にすべての Amazon Route 53 サーバーに伝達されます。プロパゲートが完了すると、この手順で作成したエイリアスリソースレコードセットの名前を使用して、トラフィックを Elastic Beanstalk 環境にルーティングできるようになります。