メニュー
Amazon Route 53
開発者ガイド (API Version 2013-04-01)

リソースレコードセットの使用

ドメイン (たとえば、example.com) のホストゾーンを作成した後、そのドメインへのトラフィックをルーティングする方法をドメインネームシステム (DNS) に指定するリソースレコードセットを作成します。

たとえば、DNS が以下のように動作するリソースレコードセットを作成することができます。

  • example.com のインターネットトラフィックをデータセンター内のホストの IP アドレスにルーティングします。

  • そのドメイン宛のメール (ichiro@example.com) をメールサーバー (mail.example.com) にルーティングします。

  • operations.tokyo.example.com というサブドメインのトラフィックを異なるホストの IP アドレスにルーティングします。

それぞれのリソースレコードセットには、ドメインまたはサブドメインの名前、レコードタイプ (たとえば、タイプが MX のリソースレコードセットはメールをルーティングします)、およびレコードタイプに適用可能なその他の情報 (MX レコードの場合、1 つ以上のメールサーバーのホスト名と各サーバーの優先順位) が含まれます。各種リソースレコードタイプについては、「DNS ドメイン名の形式」を参照してください。

ホストゾーン内の各リソースレコードセットの名前は、ホストゾーンの名前で終了する必要があります。たとえば、example.com ホストゾーンには、サブドメイン www.example.com と accounting.tokyo.example.com のリソースレコードセットを含めることができますが、サブドメイン www.example.ca のリソースレコードセットを含めることはできません。

注記

複雑なルーティング設定のリソースレコードセットを作成するには、トラフィックフロービジュアルエディターを使用して、設定をトラフィックポリシーとして保存することができます。その後、トラフィックポリシーを、同じホストゾーンまたは複数のホストゾーンで 1 つ以上のドメイン名 (example.com など) またはサブドメイン名 (www.example.com など) に関連付けることができます。さらに、新しい設定が期待どおりに機能していない場合は、更新を元に戻すことができます。詳細については、「DNS トラフィックのルーティングにトラフィックフローを使用する」を参照してください。

Amazon Route 53 では、ホストゾーンに追加したリソースレコードセットには課金されません。ホストゾーンで作成できるリソースレコードセット数の制限については、「制限」を参照してください。