メニュー
Amazon Route 53
開発者ガイド (API Version 2013-04-01)

Amazon Route 53 リソースのタグ付け

タグとは、AWS リソースに付けるラベルです。タグはそれぞれ、1 つのキーと 1 つので構成されており、どちらもお客様側が定義します。たとえば、キーが "domain" で値が "example.com" というタグを付けることができます。タグはさまざまな目的で使用できます。1 つ一般的な用途は、Amazon Route 53 コストを分類して追跡することです。Amazon Route 53 のホストゾーン、ドメイン、およびヘルスチェックにタグを適用すると、AWS はタグ別に利用量とコストを集計したカンマ区切り値 (CSV) ファイルとしてコスト配分レポートを作成します。自社のカテゴリ (たとえばコストセンター、アプリケーション名、所有者) を表すタグを適用すると、複数のサービスにわたってコストを分類することができます。タグを使ったコスト配分の詳細については、『AWS Billing and Cost Management ユーザーガイド』の「コスト配分タグの使用」を参照してください。

使いやすさと最適な結果を実現するために、AWS マネジメントコンソールで Tag Editor を使用してください。統一された方法で一元的にタグを作成および管理できます。オプショングループの操作方法の詳細については、「Getting Started with the AWS Management Console」の「Tag Editor の使用」を参照してください。ヘルスチェックの場合、Amazon Route 53 コンソールでタグを適用することもできます。詳細については、「ヘルスチェックの名前付けとタグ付け」を参照してください。

Amazon Route 53 API を使用してリソースにタグを適用することもできます。詳細については、『Amazon Route 53 API Reference』のトピック「Amazon Route 53 API Actions by Function」内のタグに関するアクションを参照してください。