メニュー
Amazon Route 53
開発者ガイド (API Version 2013-04-01)

DNS 設定を変更したが、変更が適用されていない

DNS 設定を変更したのに変更がまだ適用されていない場合の一般的な理由を次に示します。

過去 48 時間以内に DNS サービスを Amazon Route 53 に移管したため、DNS はまだ前の DNS サービスを使用している

DNS サービスを Amazon Route 53 に移管したとき、ドメインのレジストラが提供する方法を使用して、前の DNS サービスのネームサーバーを、Amazon Route 53 の 4 つのネームサーバーに置き換えました。

注記

この部分を実行したかどうか不明な場合は、DNS サービスを Amazon Route 53 に移管したが、ドメインレジストラでネームサーバーを更新しなかった を参照してください。

ドメインレジストラは通常ネームサーバーに 24 ~ 48 時間の TTL (有効期限) を使用します。つまり、DNS リゾルバーがドメインのネームサーバーを取得すると、ドメインの現在のネームサーバーに別のリクエストを送信するより最長 48 時間前まで、その情報を使用します。過去 48 時間以内に DNS サービスを Amazon Route 53 に移管して DNS 設定を変更した場合、ドメインのトラフィックをルーティングするのに古い DNS サービスをまだ使用する DNS リゾルバーもあります。

DNS サービスを Amazon Route 53 に移管したが、ドメインレジストラでネームサーバーを更新しなかった

ドメインのレジストラには、ドメインの DNS サービスのネームサーバーなど、ドメインについてのさまざまな情報があります。通常、ドメインレジストラは DNS サービスでもあるため、ドメインに関連付けられるネームサーバーはレジストラに属します。これらのネームサーバーは、たとえばドメインのウェブサーバーの IP アドレスなど、ドメインのトラフィックをルーティングする方法に関する情報をどこで得るかを DNS に伝えます。

DNS サービスを Amazon Route 53 に移管する場合、ドメインに関連付けられているネームサーバーを変更するためにドメインレジストラによって提供されている方法を使用する必要があります。通常、レジストラによって提供されたネームサーバーを、ドメインのために作成したホストゾーンに関連付けられる 4 つの Amazon Route 53 ネームサーバーに置き換えます。

ドメインに新しいホストゾーンとリソースレコードセットを作成し、前の DNS サービスに使用していたのとは異なる設定を指定しており、さらに、DNS がまだ古いリソースへルーティングしている場合、ドメインレジストラでネームサーバーを更新していなかった可能性があります。レジストラが Amazon Route 53 ホストゾーンのネームサーバーを使用しているかどうかを判断するには、また、必要に応じてドメインのネームサーバーを更新するには、次の手順を実行します。

ホストゾーンのネームサーバーを取得し、ドメインレジストラでネームサーバーの設定を更新するには

  1. AWS マネジメントコンソール にサインインし、https://console.aws.amazon.com/route53/ にある Amazon Route 53 コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Hosted Zones] を選択します。

  3. [Hosted Zones] ページで、ホストゾーンのラジオボタン (名前ではない) を選択します。

    重要

    同じ名前のホストゾーンが複数ある場合は、正しいホストゾーンのネームサーバーを取得していることを確認します。

  4. 右ペインの [Name Servers] に表示されている 4 つのサーバーをメモします。

  5. ドメインのレジストラによって提供された方法を使用して、ドメインのネームサーバーのリストを表示します。

  6. ドメインのネームサーバーが、ステップ 4 で取得したネームサーバーと一致する場合、ドメイン設定は正しくなされています。

    ドメインのネームサーバーが、ステップ 4 で取得したネームサーバーと一致しない場合、Amazon Route 53 ネームサーバーを使用するようにドメインを更新します。

重要

ドメインのネームサーバーを Amazon Route 53 ホストゾーンからのネームサーバーに変更するとき、変更が反映されて Amazon Route 53 が DNS サービスになるまでに最長 2 日間かかります。これは、インターネットの DNS リゾルバーは通常 2 日ごとにしかネームサーバーをリクエストせず、応答をキャッシュするからです。

DNS リゾルバーがまだリソースレコードセットの古い設定を使用している

リソースレコードセットの設定を変更したのに、トラフィックがウェブサイトのウェブサーバーなどの古いリソースにルーティングされている場合、考えられる原因の 1 つは、DNS がキャッシュした以前の設定を保持していることです。それぞれのリソースレコードセットには、DNS リゾルバーがリソースレコードセットにウェブサーバーの IP アドレスなどの情報をキャッシュしておく長さ (秒単位) を指定した TTL (有効期限) の値があります。TTL で指定された時間が経過するまで、DNS リゾルバーは DNS クエリに応じて古い値を返し続けます。リソースレコードセットでの TTL について知りたい場合は、以下の手順を実行します。

注記

エイリアスリソースレコードセットでは、TTL はリソースレコードセットがトラフィックをルーティングする AWS リソースによって決まります。詳細については、「エイリアスリソースレコードセットと非エイリアスリソースレコードセットの選択」を参照してください。

リソースレコードセットの TTL を表示するには

  1. AWS マネジメントコンソール にサインインし、https://console.aws.amazon.com/route53/ にある Amazon Route 53 コンソールを開きます。

  2. [Hosted Zones] ページで、リソースレコードセットを含むホストゾーンの名前を選択します。

  3. リソースレコードセットのリストで、TTL の値を知りたいリソースレコードセットを探し、[TTL] の列の値を確認します。

    注記

    今 TTL を変更しても、変更がより早く反映されることにはなりません。DNS リゾルバーにはすでにキャッシュされた値があり、古い設定で指定されている時間が経過するまでは、新しい設定は反映されません。