メニュー
Amazon API Gateway
開発者ガイド

API Gateway の API セットアップを初期化する

この例では、簡略化された PetStore API を HTTP 統合とともに使用し、GET /pets および GET /pets/{petId} メソッドを公開します。これらのメソッドは 2 つの HTTP エンドポイント (それぞれ http://petstore-demo-endpoint.execute-api.com/petstore/pets および http://petstore-demo-endpoint.execute-api.com/petstore/pets/{petId}) と統合されます。API は 200 OK レスポンスを処理します。可能な場合に API Gateway でデフォルト設定を利用して API を作成するための基本的なプログラミングタスクについて次の例で説明します。

デフォルト設定により、作成された API はエッジ最適化されています。他にリージョン別 API をセットアップする方法もあります。リージョン別 API をセットアップするには、API のエンドポイントタイプを明示的に REGIONAL として設定する必要があります。エッジ最適化された API を明示的にセットアップするため、EDGEendpointConfiguration のタイプとして設定できます。

API を設定する際は、リージョンを選択する必要があります。デプロイ時、API はリージョン固有のものになります。エッジ最適化された API では、ベース URL は、API の ID 値が API Gateway によって作成される http[s]://{restapi-id}.execute-api.amazonaws.com/stage 形式です。restapi-id} です。API のホスト名としてカスタムドメイン名 (apis.example.com など) を割り当て、https://apis.example.com/myApi 形式のベース URL で API を呼び出すことができます。