メニュー
Amazon API Gateway
開発者ガイド

Amazon API Gateway での API の作成

通常、API Gateway で API を作成するには、以下の手順に従います。

  1. RestApi インスタンスを作成します。

  2. 必要に応じて、子 Resource をルートリソース (/) に追加します。

  3. クライアント向けメソッドとして Method インスタンスを Resource に追加します。

  4. メソッドリクエストを統合バックエンドに転送し、レスポンスをバックエンドからメソッドにルーティングするように Integration を設定します。

ユーザーが API を理解しやすいように、API 作成の一環として API のドキュメントを提供できます。これを行うには、サポートされている API エンティティに DocumentationPart リソースを追加します。

クライアントが API を呼び出す方法を制御するには、カスタムオーソライザーまたは Amazon Cognito ユーザープールを使用して AWS 認証情報を要求できます。API の使用を計測するには、API リクエストを調整するように usage plans を設定します。