メニュー
Amazon API Gateway
開発者ガイド

Amazon API Gateway とは?

Amazon API Gateway は、次の 2 つの主要な機能をサポートします。

  • RESTful API の作成、管理、ホストを可能にし、AWS Lambda 関数、HTTP エンドポイント、そして Amazon DynamoDB、Amazon S3、Amazon Kinesis を含むがそれに限らない AWS ファミリーの他のサービスを公開できるようにします。この機能は、API Gateway REST API リクエストおよびレスポンス、API Gateway コンソール、AWS コマンドラインインターフェース (CLI)、またはサポートされているプラットフォーム/言語の API Gateway SDK を通じて使用できます。この機能は、API Gateway 制御サービスと呼ばれることもあります。

  • これにより、お客様またはサードパーティーのアプリ開発者は、標準の HTTP プロトコルまたは API 用の API Gateway によって生成されたプラットフォーム/言語に固有の SDK を使って、デプロイされた API を呼び出し、統合されたバックエンド機能にアクセスすることができます。この機能は、API Gateway 実行サービスと呼ばれることもあります。

API Gateway で作成する API は、一連のリソースとメソッドで構成されます。リソースは、API を使用してリソースパスを介してアクセスすることのできる論理エンティティです。リソースには、適切な HTTP 動詞 (GET、POST、DELETE など) によって定義される 1 つ以上のオペレーションを含めることができます。リソースパスとオペレーションの組み合わせによって API でメソッドが識別されます。各メソッドは、API のユーザーによって送られる REST API リクエストに対応しており、該当するレスポンスがユーザーに返されます。API Gateway はメソッドをバックエンドと統合します。そのためには、メソッドリクエストを、バックエンドが受け取り可能な統合リクエストにマッピングした後、統合レスポンスを、バックエンドからユーザーに返されるメソッドレスポンスにマッピングします。API 開発者は、メソッドと統合を双方向にマッピングする方法を設定できます。そのためには、使用するパラメーターを定義し、特定のデータモデルのペイロードを変換するためのマッピングテンプレートを指定します。

はじめに」で説明する API Gateway 管理コンソールを使用するか、または API Gateway API Gateway REST API を使用して API を作成できます。また、API の作成を AWS CloudFormation テンプレートまたは Swagger に対する API Gateway 拡張 と統合することもできます。API Gateway を使用できるリージョン、および関連する管理サービスエンドポイントのリストについては、「リージョンとエンドポイント」を参照してください。

API Gateway を使用すると、開発者が堅牢かつ安全でスケーラブルなモバイルアプリおよびウェブアプリケーションのバックエンドを提供できます。API Gateway により、開発者はモバイルとウェブアプリケーションを、AWS Lambda でホストされるビジネスロジック、Amazon EC2 でホストされる API、または AWS の内外でホストされる一般にアドレス可能なウェブサービスに安全に接続できます。API Gateway により開発者は、認証とアクセスコントロール、トラフィック管理、モニタリングと分析、バージョン管理、およびソフトウェア開発キット (SDK) 生成を処理するインフラストラクチャを開発および維持することなしに、バックエンドサービス向けの API を作成および操作できます。

API Gateway は、内部のまたはサードパーティーエコシステムパートナーのモバイルアプリケーション、ウェブアプリケーション、サーバーアプリケーションからバックエンド API への安全で信頼性の高いアクセスを確立したいと考えているウェブおよびモバイル開発者を対象としています。API の背後のビジネスロジックは、API Gateway プロキシが呼び出す一般にアクセス可能なエンドポイントから提供される場合も、Lambda 関数として完全に実行される場合もあります。

このドキュメントで使用されている用語をより良く理解するため、「API Gateway の概念」セクションを参照することをお勧めします。