メニュー
AWS 請求情報とコスト管理
ユーザーガイド (Version 2.0)

一括請求を使用した複数アカウントの料金の支払い

一括請求機能を使って、1 つを支払いアカウントとして指定することで、組織内の複数のアマゾン ウェブ サービス (AWS) アカウントや複数の Amazon International Services Pvt. Ltd (AISPL) アカウントの支払いを統合できます。一括請求を使用すると、すべてのアカウントで発生した料金をまとめて確認できるとともに、支払い者のアカウントに関連付けられている個別の AWS アカウントの料金レポートを取得できます。一括請求をご利用いただくにあたって、追加料金は必要ありません。AWS アカウントと AISPL アカウントを 1 つに統合することはできません。

一括請求機能の使用方法の概要を以下に示します。

一括請求(コンソリデーティッドビリング)の処理

  1. AWS 請求およびコスト管理コンソールで一括請求にサインアップし、自分のアカウントを支払い者のアカウントと指定します。これで、このアカウントは、連結アカウントと呼ばれる他のアカウントの料金を支払うことができます。そして、支払いアカウントとそれに連結されたアカウントをまとめて、一括請求アカウントファミリーといいます。

  2. 一括請求に連結アカウントを追加します。

  3. AWS は、毎月、一括請求に追加したすべての連結アカウントの料金を支払い者のアカウントに請求します。

一括請求の流れ

連結アカウントのすべての料金が支払いアカウントに請求されます。しかし、個々の連結アカウントは、その他の面(サービスへのサインアップ、リソースへのアクセス、AWS Premium Support の使用など)では完全に独立しています。支払いアカウントの所有者が、連結アカウントの所有者に属するデータ(例えば、Amazon S3 のファイル)にアクセスすることはできません。各アカウントの所有者は、自分の IAM ユーザー名とパスワードを持ち、一括請求ファミリーの他のアカウントとは独立した権限を与えられています。

IAM の詳細については、以下を参照してください。

支払いアカウントの所有者は、AWS Multi-Factor Authentication および強力なパスワードを使用して、自分のアカウントのセキュリティを確保する必要があります。詳細については、「一括請求支払いアカウントのセキュリティを確保する」を参照してください。

一括請求のメリット

  • 1つの請求書: 複数のアカウントに対して1つの請求書を受け取るだけで済みます。

  • 簡単なトラッキング: 簡単に各アカウントの料金をトラッキングし、CSV フォーマットでコストデータをダウンロードすることができます。

  • 使用量の統合 – 現在、複数のアカウントをお持ちの場合、AWS ではすべてのアカウントの使用量が合計されるため、お客様が従量制割引の対象となる可能性があります。それにより、料金を実際に削減できる可能性があります(詳細については、ボリューム割引を参照してください)。