メニュー
AWS 請求情報とコスト管理
ユーザーガイド (Version 2.0)

組織の一括請求

AWS Organizations の一括請求機能を使用して、複数の AWS アカウントまたは複数の AISPL アカウントの支払いを統合することができます。一括請求では、すべてのアカウントによって発生した AWS 料金をまとめて見ることができます。また、マスターアカウントと関連付けられた各メンバーアカウントのコストレポートを受け取ることもできます。一括請求 (コンソリデーティッドビリング) をご利用いただくにあたって、追加料金は必要ありません。AWS アカウントと AISPL アカウントを 1 つに統合することはできません。組織の詳細については、「AWS Organizations ユーザーガイド」を参照してください。

以前 AWS Billing and Cost Management コンソールで一括請求に登録している場合、一括請求アカウントファミリーは AWS Organizations で自動的に新しい組織に移行しています。このトピックでは、Billing and Cost Management の一括請求と AWS Organizations の一括請求の類似点と相違点について説明します。組織 では Billing and Cost Management の一括請求と同じ機能を使用できますが、アカウントをより詳細に制御できる高度な機能もあります。

Billing and Cost Management で一括請求を使用すると、1 つのアカウントが支払人アカウントとして指定されます。支払人アカウントは、連結アカウントと呼ばれる、一括請求ファミリー内のその他すべてのアカウントで発生した請求を支払います。AWS Organizations にも同じ考え方が当てはまります。各組織にはマスターアカウント と呼ばれるアカウントが 1 つあります。マスターアカウントは組織内のすべてのメンバーアカウントの請求を支払います。請求を目的として、メンバーアカウントはマスターアカウントに連結されています。一括請求の連結アカウントが支払人アカウントに連結されていたのと同じです。

AWS Organizations では、AWS のコストと使用状況レポート を使用することもできます。一括請求ファミリーで行ったように、このレポートを使用して、組織の経費を追跡できます。たとえば、組織内のすべてのアカウントで発生した AWS 料金のビューを組み合わせて表示したり、メンバーアカウントごとにレポートを取得したりできます。AWS のコストと使用状況レポート は追加料金なしで使用できます。

一括請求には次の利点があります。

  • 1つの請求書: — 複数のアカウントに対し、1 つの請求書を受け取ります。

  • 簡単なトラッキング — 簡単に各アカウントの料金をトラッキングし、CSV フォーマットでコストデータをダウンロードすることができます。

  • 使用量の統合 — 現在、複数のアカウントをお持ちの場合、AWS ではすべてのアカウントの使用量が合計されるため、お客様が従量制割引の対象となる可能性があります。それにより、料金を削減できる可能性があります。詳細については、「ボリューム割引」を参照してください。

注記

連絡先住所がインドにある場合、AWS Organizations を使用して、組織内で Amazon Internet Services Pvt. Ltd (AISPL) アカウントを統合することができます。