メニュー
Amazon CloudSearch
開発者ガイド (API Version 2013-01-01)

Amazon CloudSearch とは

Amazon CloudSearch はクラウド上の完全マネージド型サービスであり、ウェブサイトまたはアプリケーション向けの検索ソリューションを容易に設定、管理、スケールできます。

Amazon CloudSearch を使用して、ウェブページ、ドキュメントファイル、フォーラムの投稿、製品情報など大規模なデータコレクションを検索できます。検索機能を迅速に追加できます。検索の高度な知識を習得したり、ハードウェアの準備、設定、およびメンテナンスについて考える必要はありません。データやトラフィックの変動に伴い、Amazon CloudSearch はニーズに合わせてシームレスにスケーリングします。

注記

このドキュメントでは、Amazon CloudSearch 2013-01-01 API について説明しています。2011-02-01 の検索ドメインがある場合は、以前のドキュメントを参照する必要があります。2011-02-01 開発者ガイドの PDF をダウンロードできます。

Amazon CloudSearch を使用して、構造化データとプレーンテキストの両方のインデックスを作成して検索できます。Amazon CloudSearch には次のような機能があります。

  • 言語固有のテキスト処理による全文検索

  • ブール型検索

  • プレフィックス検索

  • 範囲の検索

  • 用語の増強

  • ファセット

  • 強調表示

  • 候補の自動入力

JSON または XML 形式での検索結果の取得、フィールド値に基づく結果のソートやフィルタリング、およびアルファベット順、数値順、またはカスタム式による結果のソートを行うことができます。

Amazon CloudSearch で検索ソリューションを構築するには、次のステップに従います。

  • 検索ドメインを作成して設定します。検索ドメインには、検索可能なデータと、検索リクエストを処理する検索インスタンスが含まれます。検索可能にするデータのコレクションが複数ある場合は、複数の検索ドメインを作成できます。

  • 検索するデータをドメインにアップロードします。 Amazon CloudSearch は、データのインデックスを作成し、1 つ以上の検索インスタンスに検索インデックスをデプロイします。

  • ドメインを検索します。HTTP/HTTPS の GET リクエストとして、ドメインの検索エンドポイントに検索リクエストを送信します。

Amazon CloudSearch の新規ユーザーである場合

Amazon CloudSearch の概要、サービスの特徴、および価格情報については、Amazon CloudSearch の詳細ページを参照してください。Amazon CloudSearch を使用する準備ができている場合は、「Amazon CloudSearch の使用開始」から始めてください。

Amazon CloudSearch とは、AWS マネジメントコンソール、AWS SDK、または AWS CLI を使用して対話できます。API リクエストを直接 Amazon CloudSearch に送信することもできますが、SDK および AWS CLI は、必要に応じて自動的にリクエストを署名し、他の AWS サービスと組み合わせて Amazon CloudSearch ドメインと対話するための一元管理されたツールを提供します。AWS SDK の詳細については、「アマゾン ウェブ サービスのツール」を参照してください。AWS CLI のインストールおよび使用の詳細については、『AWS Command Line Interface ユーザーガイド』を参照してください。

検索ドメインの設定と管理、Amazon CloudSearch へのデータの送信、検索リクエストの送信、応答の処理の詳細については、以下のトピックを参照してください。

  • データの準備 - インデックス作成のためにデータを Amazon CloudSearch ドメインにアップロードできるように、データの形式を指定する方法を示します。

  • configure indexing options - Amazon CloudSearch ドメインのインデックス作成オプションを設定する方法を示します。

  • Amazon CloudSearch でのデータの検索 - Amazon CloudSearch クエリ言語を使用する方法を示します。

  • 検索結果の制御 - 検索結果のソート、フィルタ、ページ分割の方法を示します。

Amazon CloudSearch へのアクセス

Amazon CloudSearch にアクセスするには、Amazon CloudSearch コンソール、AWS SDK、または AWS CLI を使用できます。

  • Amazon CloudSearch コンソールを使用すると、簡単に検索ドメインを作成、設定、監視し、ドキュメントのアップロード、およびテスト検索を実行できます。コンソールを使用すると最も簡単に Amazon CloudSearch を使い始めることができます。さらにコンソールは、検索ドメインを継続的に管理するための一元化されたコマンドセンターを提供します。

  • AWS SDK は、すべての Amazon CloudSearch API オペレーションをサポートしているため、ユーザーは希望するテクノロジーを使用して検索ドメインを簡単に管理し、対話することができます。SDK は、AWS の認証情報を使用して必要に応じて自動的にリクエストに署名します。

  • AWS CLI はすべての Amazon CloudSearch API オペレーションをラップして、検索ドメインの作成と設定、検索するデータのアップロード、および検索リクエストの送信のためのシンプルな方法を提供します。AWS CLI は、AWS の認証情報を使用して必要に応じて自動的にリクエストに署名します。

スタンドアロン Amazon CloudSearch コマンドラインツールは、ドキュメントバッチを生成し、バッチの内容に基づいて自動的にインデックスオプションを設定する、高度なツールを提供しています。Amazon CloudSearch ツールのインストールの詳細については、「コマンドラインツールリファレンス」を参照してください。

Amazon CloudSearch のリージョンとエンドポイント

Amazon CloudSearch では、設定サービスにアクセスするためのリージョンのエンドポイントと、ドキュメントサービスや検索サービスにアクセスするためのドメイン固有のエンドポイントを提供します。

検索ドメインを作成して管理するには、設定サービスを使用します。リージョン固有の設定サービスエンドポイントの形式は、cloudsearch.region.amazonaws.com のようになります。 ("cloudsearch.us-east-1.amazonaws.com" など)。サポートされているリージョンの最新のリストについては、『AWS General Reference』 の「リージョンとエンドポイント」を参照してください。

Amazon CloudSearch の検索サービスとドキュメント サービスにアクセスするには、別のドメイン固有のサービスエンドポイントを使用します。

  • http://doc-domainname-domainid.us-east-1.cloudsearch.amazonaws.com - ドキュメントをアップロードするには、ドメインのドキュメントサービスエンドポイントを使用します。

  • http://search-domainname-domainid.us-east-1.cloudsearch.amazonaws.com - 検索リクエストを送信するには、ドメインの検索エンドポイントを使用します。

Amazon CloudSearch リクエストの署名

使用する言語の SDK が AWS に用意されている場合は、その SDK を使用して Amazon CloudSearch リクエストを送信することをお勧めします。AWS SDK を使用するほうが、Amazon CloudSearch API を直接使用するよりも、リクエストの署名プロセスがきわめてシンプルで、大幅な時間の節約になります。SDK は開発環境と容易に統合されるため、関連するコマンドへのアクセスが簡単です。また、Amazon CloudSearch コンソールと AWS CLI を使用して、追加作業なしで署名されたリクエストを送信することもできます。

Amazon CloudSearch API を直接呼び出す場合は、自分のリクエストに署名する必要があります。設定サービスのリクエストには常に署名が必要です。アップロード、検索、提案リクエストは、これらのサービスに対する匿名アクセスを設定していないかぎり、署名されている必要があります。リクエストに署名するには、暗号化ハッシュ関数を使用してデジタル署名を計算します。この関数は入力に基づいてハッシュ値を返します。入力には、リクエストのテキスト、およびシークレットアクセスキーが含まれます。ハッシュ関数から返されるハッシュ値をリクエストに署名として含めます。署名は、リクエストの認証ヘッダーの一部です。Amazon CloudSearch は、リクエストを受け取ると、リクエストの署名に使用されたものと同じハッシュ関数と入力を使用して署名を再計算します。再計算された署名とリクエスト内の署名が一致した場合、Amazon CloudSearch はリクエストを処理します。それ以外の場合、リクエストは拒否されます。

Amazon CloudSearch は、AWS 署名バージョン 4 を使用した認証をサポートします。詳細については、「Signature Version 4 Signing Process」を参照してください。