メニュー
Amazon Cognito
開発者ガイド (Version 最終更新日: 2016 年 7 月 28 日)

Amazon Cognito ユーザープール

ユーザープールを使用して、ユーザーディレクトリを作成、管理し、モバイルアプリケーションまたはウェブアプリケーションにサインアップとサインインを追加します。ユーザープールは何百万人ものユーザーにまで拡張でき、開発者としてシンプル、安全、そして低コストのオプションを提供できるように設計されています。

アプリケーションにユーザー登録とサインイン機能を追加するためにユーザープールを使用できます。Facebook、Google、または Twitter のような外部認証プロバイダを使用する代わりに、ユーザーがメールアドレス、電話番号、またはユーザー名を使用してアプリケーションに登録、またはサインインするのにユーザープールを使用できます。またはカスタム登録フィールドを作成し、そのメタデータをユーザーディレクトリ内に格納できます。数行のコードだけで Multi-Factor Authentication (MFA) を有効にでき、メールアドレスと電話番号、パスワードの回復を検証できます。

ユーザープールは、ユーザー登録およびサインインをアプリケーション内で直接処理することを望むモバイルおよびウェブアプリケーションの開発者用です。これまでは、ユーザーアカウントの作成、ユーザープロファイルを格納、およびユーザー登録とサインインをサポートするためにパスワード復旧の流れを実装するには、各自でユーザーディレクトリを実装する必要がありました。

ユーザープールでは、匿名およびソーシャル ID 用の既存の Amazon Cognito 機能を簡単に統合できます。加えて、ユーザーは匿名ユーザーとして利用開始し、その後にソーシャル ID を使用して、または E メール、電話番号、またはユーザー名を使用して登録し、サインインしたユーザープールを使用してサインインできます。

Amazon Cognito ユーザープールは、PCI および HIPAA に準拠しています。

AWS マネジメントコンソール、AWS Command Line Interface、または SDK の 1 つで提供される API を使用してユーザープールを使用開始できます。詳細については、「User Pools のセットアップ」を参照してください。

属性、ポリシー、Multi-Factor Authentication、トリガーなどユーザープールの詳しい設定方法ついては、AWS マネジメントコンソールでの Amazon Cognito ユーザープール設定ステップを参照してください。