メニュー
Amazon Cognito
開発者ガイド (Version 最終更新日: 2017 年 8 月 26 日)

例: AdminCreateUser API を使用して作成されたユーザーの新しいパスワードの認証と設定

管理者によって AdminCreateUser API を使用して作成されたユーザーのユーザーサインインフローをサポートするには、ユーザーの初回のサインイン時に新しいパスワードを設定する newPasswordRequired コールバックメソッドを実装する必要があります。ユーザーは最初に招待で受け取った一時パスワードでサインインを試みます。SDK が newPasswordRequired コールバックを呼び出します。新しいパスワードなどの必須の入力と必須の属性を収集したら、CognitoUser クラスで使用できる completeNewPasswordChallenge メソッドを呼び出す必要があります。

newPasswordRequired コールバックは 2 つのパラメータとして userAttributesrequiredAttributes を受け取ります。

Copy
cognitoUser.authenticateUser(authenticationDetails, { onSuccess: function (result) { // User authentication was successful }, onFailure: function(err) { // User authentication was not successful }, mfaRequired: function(codeDeliveryDetails) { // MFA is required to complete user authentication. // Get the code from user and call cognitoUser.sendMFACode(mfaCode, this) }, newPasswordRequired: function(userAttributes, requiredAttributes) { // User was signed up by an admin and must provide new // password and required attributes, if any, to complete // authentication. // userAttributes: object, which is the user's current profile. It will list all attributes that are associated with the user. // Required attributes according to schema, which don’t have any values yet, will have blank values. // requiredAttributes: list of attributes that must be set by the user along with new password to complete the sign-in. // Get these details and call // newPassword: password that user has given // attributesData: object with key as attribute name and value that the user has given. cognitoUser.completeNewPasswordChallenge(newPassword, attributesData, this) } });