メニュー
AWS Database Migration Service
ユーザーガイド (Version API バージョン: 2016-01-01)

Oracle のターゲットデータ型

AWS DMS で使用されるターゲット Oracle データベースでは、Oracle のほとんどのデータ型がサポートされます。次の表に、AWS DMS を使用する場合にサポートされる Oracle のターゲットデータ型と、AWS DMS のデータ型からのデフォルトマッピングを示します。ソースからマッピングされるデータ型を表示する方法の詳細については、使用しているソースのセクションを参照してください。

AWS DMS のデータ型

Oracle のデータ型

BOOLEAN

NUMBER (1)

BYTES

RAW (長さ)

DATE

DATETIME

TIME

TIMESTAMP (0)

DATETIME

TIMESTAMP (scale)

INT1

NUMBER (3)

INT2

NUMBER (5)

INT4

NUMBER (10)

INT8

NUMBER (19)

NUMERIC

NUMBER (p,s)

REAL4

FLOAT

REAL8

FLOAT

STRING

date を指定: DATE

time を指定: TIMESTAMP

timestamp を指定: TIMESTAMP

timestamp_with_timezone を指定: TIMESTAMP WITH TIMEZONE

timestamp_with_local_timezone を指定: TIMESTAMP WITH LOCAL TIMEZONE interval_year_to_month を指定: INTERVAL YEAR TO MONTH

interval_day_to_second を指定: INTERVAL DAY TO SECOND

他のすべての場合: VARCHAR2 (長さ)

UINT1

NUMBER (3)

UINT2

NUMBER (5)

UINT4

NUMBER (10)

UINT8

NUMBER (19)

WSTRING

NVARCHAR2 (長さ)

BLOB

BLOB

AWS DMS でこのデータ型を使用するには、特定のタスク用に BLOB の使用を有効にする必要があります。BLOB データ型は、プライマリキーを含むテーブルでのみサポートされます。

CLOB

CLOB

AWS DMS でこのデータ型を使用するには、特定のタスク用に CLOB の使用を有効にする必要があります。CDC 中、CLOB データ型は、プライマリキーを含むテーブルでのみサポートされます。

NCLOB

NCLOB

AWS DMS でこのデータ型を使用するには、特定のタスク用に NCLOB の使用を有効にする必要があります。CDC 中、プライマリキーを含むテーブルでのみ NCLOB データ型がサポートされます。

XMLTYPE

XMLTYPE ターゲットデータ型は、Oracle 間レプリケーションタスクにのみ関連しています。

ソースデータベースが Oracle の場合、ソースデータ型は「そのままの状態で」 Oracle ターゲットにレプリケートされます。たとえば、ソースにおける XMLTYPE データ型は、ターゲットでは XMLTYPE データ型として作成されます。