メニュー
AWS Elastic Beanstalk
開発者ガイド (API Version 2010-12-01)

Amazon ElastiCache で Elastic Beanstalk を使用する

Amazon ElastiCache は、クラウドでのメモリ内分散キャッシュ環境のセットアップ、管理、およびスケーリングを容易に行えるようにするウェブサービスです。このサービスは、パフォーマンスとコスト効率に優れ、サイズ変更も可能なメモリ内キャッシュを提供するとともに、分散キャッシュ環境のデプロイと管理に伴う複雑性を排除します。Amazon ElastiCache は、Memcached のプロトコルに準拠しているため、既存の Memcached 環境でお客様が現在使用しているコード、アプリケーション、およびよく使用されるツールは、サービスでシームレスに機能します。Amazon ElastiCache の詳細については、Amazon ElastiCache の製品ページを参照してください。

Amazon ElastiCache で Elastic Beanstalk を使用するには

  1. ElastiCache クラスターを作成します。ElastiCache クラスターを作成する手順については、「Amazon ElastiCache Getting Started Guide」の「Create a Cache Cluster」を参照してください。

  2. Amazon ElastiCache セキュリティグループを設定し、Elastic Beanstalk アプリケーションに使用する Amazon EC2 セキュリティグループからアクセスできるようにします。AWS マネジメントコンソールを使用した EC2 セキュリティグループ名の検索手順については、「セキュリティグループ」を参照してください。詳細については、「Amazon ElastiCache Getting Started Guide」の「Authorize Access」を参照してください。

レガシーではないコンテナを使用する場合は、設定ファイルを使用して、Amazon ElastiCache を使用するように Elastic Beanstalk 環境をカスタマイズすることもできます。サポートされているコンテナタイプ、および環境のカスタマイズについては、「AWS Elastic Beanstalk 環境設定」を参照してください。Elastic Beanstalk での Amazon ElastiCache の使用を示すスニペットの例については、「スニペット例: ElastiCache」を参照してください。