メニュー
AWS Elastic Beanstalk
開発者ガイド (API Version 2010-12-01)

branch

注記

EB CLI およびそのドキュメントのこのバージョンは、バージョン 3 に置き換えられました。バージョン 3 には異なるコマンドがあり、バージョン 2 と後方互換性がありません。新しいバージョンの詳細については、「Elastic Beanstalk コマンドラインインターフェイス(EB CLI)」を参照してください。

説明

Git ブランチを新しいまたは既存の Elastic Beanstalk 環境にマッピングし、一連のプロンプトで、マッピングされた環境を設定します。最初に、Git ブランチを作成する必要があります。Git リポジトリにブランチがない場合、eb によって branch コマンドを実行するよう求めるメッセージが表示されます。次に、eb は、optionsettings ファイルのデフォルト設定で指定されているアプリケーションを開始しようとします。

Git ブランチをマッピングするには、最初にマッピングする Git ブランチを指定して git checkout <branch> を実行します。次に、eb branch を実行します。ブランチが Elastic Beanstalk 環境にマッピングされていない場合、新しい環境に最新の環境設定をコピーするオプションがあります。

branch の使用に関する以下の追加情報を考慮してください。

  • 既存のリポジトリに対して eb init を実行し、アプリケーション名、リージョン、またはソリューションスタックを変更した場合、このコマンドによって既存のブランチのマッピングがすべてリセットされます。環境に各ブランチをマッピングするには、もう一度 branch を実行します。

  • 同じ Elastic Beanstalk 環境に異なる Git ブランチをマッピングすることはできますが、ほとんどの場合、ブランチと環境との間には 1 対 1 の関係を維持します。

eb を使用して Git ブランチを Elastic Beanstalk にデプロイする方法を説明するチュートリアルについては、「Git ブランチを特定の環境にデプロイする」を参照してください。

構文

eb branch

オプション

名前

説明

必須

-e

または

--environment name ENVIRONMENT_NAME

現在の Git ブランチをマッピングする環境。このオプションを使用しない場合、自動生成される環境名を受け入れるか、または新しい環境名を入力するよう求められます。

型: 文字列

デフォルト: <Git ブランチ名>-env

いいえ

一般的なオプション

詳細については、「eb の一般的なオプション」を参照してください。

いいえ

出力

なし

以下の例は、以前に作成した Myapp-env という環境と同じ設定を使用して、MyApp-env-test という新しい環境に Git ブランチ master をマッピングします。赤色のプレースホルダーテキストを独自の値に置き換えます。

PROMPT> eb branch 

The current branch is "master".
Enter an AWS Elastic Beanstalk environment name (auto-generated value is "MyApp-master-env"): MyApp-env-test
Do you want to copy the settings from environment "MyApp-env" for the new branch? [y/n]: y
PROMPT> eb status
Environment "MyApp-env-test" is not running.

このページの内容: