メニュー
AWS Elastic Beanstalk
開発者ガイド (API Version 2010-12-01)

Git ブランチを特定の環境にデプロイする

注記

EB CLI およびそのドキュメントのこのバージョンは、バージョン 3 に置き換えられました。バージョン 3 には異なるコマンドがあり、バージョン 2 と後方互換性がありません。新しいバージョンの詳細については、「Elastic Beanstalk コマンドラインインターフェイス(EB CLI)」を参照してください。

多くの場合、開発者はプロジェクトでブランチを使用し、さまざまな対象の環境に合わせてコードを管理しています。たとえば、コンポーネントや統合のテストを行う test ブランチと、使用中または本番環境用のコードを管理する prod ブランチがあるとします。バージョン 2.3 以降の eb コマンドラインインインターフェイスと AWS DevTools では、eb init コマンドを使用して、eb push コマンドから現在の Git ブランチを特定の Elastic Beanstalk 環境にプッシュするように設定することができます。

特定の環境にデプロイするように Git ブランチをセットアップするには

  1. バージョン 2.3 の Elastic Beanstalk コマンドラインツールがインストールされていることを確認します。

    インストールされているバージョンを確認するには、次のコマンドを使用します。

    eb --version

    コマンドラインツールをダウンロードするには、「Elastic Beanstalk コマンドラインツール」ページを参照し、.zip ファイル内の README.txt ファイルに記載されている指示に従ってください。

  2. コマンドプロンプトで、デプロイするコードを含むローカルリポジトリの場所にディレクトリを変更します。

    Git リポジトリをまだセットアップしていない場合は、作成してから続行する必要があります。Git の使用方法については、Git のドキュメントを参照してください。

  3. ローカルリポジトリの現在のブランチが、Elastic Beanstalk 環境にマップするブランチであることを確認します。

    ブランチを切り替えるには、git checkout コマンドを使用します。例えば、prod ブランチに切り替えるには、次のコマンドを使用します。

    git checkout prod

    Git のブランチの作成と管理については、Git のドキュメントを参照してください。

  4. 認証情報、アプリケーション、領域、環境、ソリューションスタックについて、特定の設定で Elastic Beanstalk を使用するように eb を設定していない場合は、eb init コマンドを使用して設定します。eb init で設定した値は、ブランチ用に作成する環境のデフォルトとして使用されます。詳細な手順については、「ステップ 2: Elastic Beanstalk の設定」を参照してください。

  5. eb branch コマンドを使用して、現在のブランチを特定の環境にマップします。

    1. 次のコマンドを入力します。

      eb branch
    2. 環境名の入力を求められたら、現在のブランチにマップする環境名を入力します。

      提案される括弧で囲まれた名前を Enter キーを押してそのまま使用するか、任意の名前を入力します。

      The current branch is "myotherbranch".
          Enter an Elastic Beanstalk environment name (auto-generated value is "test-myotherbranch-en"):

      eb に Git リポジトリの現在のブランチが表示されるので、操作対象のブランチがわかります。既存または新しい環境を指定できます。新しい環境を指定する場合、eb start コマンドで作成する必要があります。

    3. このブランチの環境について、デフォルト環境の optionsettings ファイルの使用を明示的に指定しない場合、デフォルト環境の設定を使用するかどうかを確認するプロンプトが表示されたら、y と入力します。

      Do you want to copy the settings from the default environment "main-env" for the new branch? [y/n]: y
  6. ブランチの新しい環境を指定する場合、eb start コマンドを使用して環境を作成して起動します。

    このコマンドが完了したら、次のステップに進むことができます。

  7. eb push コマンドを使用して、現在のブランチの変更を、ブランチにマップした環境にマップします。