メニュー
AWS Elastic Beanstalk
開発者ガイド (API Version 2010-12-01)

AWS Elastic Beanstalk の概念

AWS Elastic Beanstalk では、環境としてアプリケーションを実行するリソースをすべて管理できます。まず、これらの用語の意味を詳しく見てみましょう。

アプリケーション

Elastic Beanstalk アプリケーションは、Elastic Beanstalk コンポーネントの論理コレクションで、環境バージョン環境設定などがあります。Elastic Beanstalk では、アプリケーションは概念的にはフォルダーと似ています。

Application Version

Elastic Beanstalk では、アプリケーションバージョンとは、ウェブアプリケーションのデプロイ可能コードの特定のラベル付きイテレーションのことです。アプリケーションバージョンは、Java WAR ファイルなどのデプロイ可能コードが含まれている Amazon Simple Storage Service(Amazon S3)オブジェクトを指します。アプリケーションバージョンはアプリケーションの一部です。多数のバージョンがあるアプリケーションもあり、またアプリケーションバージョンはそれぞれ独特です。実行中の環境では、アプリケーションに既にアップロードしたアプリケーションバージョンをデプロイすることも、新しいアプリケーションバージョンをアップロードしてすぐにデプロイすることもできます。複数のアプリケーションバージョンをアップロードして、ウェブアプリケーションの 1 つのバージョンともう 1 つのバージョンの違いをテストすることもできます。

環境

環境は、AWS リソースにデプロイされるバージョンです。各環境が実行するのは一度に 1 つのアプリケーションバージョンだけですが、多数の環境で同じバージョンまたは異なるバージョンを同時に実行できます。環境を作成するときは、指定したアプリケーションバージョンを実行するのに必要なリソースを Elastic Beanstalk がプロビジョニングします。

環境枠

Elastic Beanstalk 環境を起動したら、まず環境枠を選択します。選択した環境枠によって、Elastic Beanstalk がリソースをプロビジョニングし、HTTP リクエストを処理するアプリケーション、またはキューからタスクを引き出すアプリケーションのどちらをサポートするかが決まります。 HTTP リクエストを処理するアプリケーションは、ウェブサーバー環境で実行されます。Amazon Simple Queue Service キューからタスクを引き出す環境は、ワーカー環境で実行されます。

環境設定

環境設定は、環境とその環境に関連付けられているリソースの動作を定義するパラメータと設定のコレクションを識別します。環境の設定を更新すると、(変更の種類に応じて)Elastic Beanstalk が自動的に既存のリソースを変更または削除し、新しいリソースをデプロイします。

設定テンプレート

設定テンプレートに基づいて、一意の環境設定を作成できます。設定テンプレートを作成または変更するには、Elastic Beanstalk コマンドラインユーティリティまたは API を使用する必要があります。