メニュー
AWS Elastic Beanstalk
開発者ガイド (API Version 2010-12-01)

Elastic Beanstalk アプリケーション環境を管理する

AWS Toolkit for Eclipse を使用して、アプリケーション環境で使用される AWS リソースのプロビジョニングと設定を変更できます。AWS マネジメントコンソールを使用してアプリケーション環境を管理する方法については、「環境を管理する」を参照してください。ここでは、アプリケーション環境設定の一部として AWS Toolkit for Eclipse で編集できるサービス設定の詳細について説明します。AWS Toolkit for Eclipse の詳細については、AWS Toolkit for Eclipse 入門ガイド を参照してください。

環境設定を変更する

アプリケーションをデプロイすると、Elastic Beanstalk によって複数の AWS クラウドコンピューティングサービスが設定されます。このような個々のサービスを設定する方法は、AWS Toolkit for Eclipse を使用して制御できます。

アプリケーションの環境設定を

  1. Eclipse に [AWS Explorer] ビューが表示されていない場合は、メニューで [Window] > [Show View] > [AWS Explorer] の順にクリックします。Elastic Beanstalk ノードとアプリケーションノードを展開します。

  2. [AWS Explorer] で Elastic Beanstalk 環境をダブルクリックします。

  3. ] ペインの下部にある [Configuration] タブをクリックします。

    次の設定を編集できます。

    • EC2 サーバーインスタンス

    • ロードバランサー

    • Auto Scaling

    • 通知

    • 環境タイプ

    • 環境プロパティ

AWS Toolkit for Eclipse を使用してシステムプロパティを設定する

次の例では、AWS Toolkit for Eclipse で JDBC_CONNECTION_STRING システムプロパティを設定します。このプロパティは、設定後に JDBC_CONNECTION_STRING というシステムプロパティとして Elastic Beanstalk アプリケーションで使用できるようになります。

注記

AWS Toolkit for Eclipse では、VPC の環境に対して、システムプロパティなどの環境設定の変更をまだサポートしていません。以前のアカウント(EC2 Classic を使用)をお持ちでない場合は、AWS マネジメントコンソール(次のセクションで説明します)、または EB CLI を使用する必要があります。

注記

環境設定では、アクセント記号(`、ASCII 96)は除く、印刷可能な ASCII 文字を使用できます。また、200 文字を超えることはできません。

Elastic Beanstalk アプリケーションのシステムプロパティを設定するには

  1. Eclipse で [AWS Explorer] ビューが表示されていない場合は、[Window]、[ Show View]、[Other] の順に選択します。[AWS Toolkit] を展開し、[AWS Explorer] をクリックします。

  2. [AWS Explorer] ペインで、[Elastic Beanstalk] を展開し、アプリケーションのノードを展開して、お使いの Elastic Beanstalk 環境をダブルクリックします。

  3. 環境のペインの下部で、[Advanced] タブをクリックします。

  4. [aws:elasticbeanstalk:application:environment] で、[JDBC_CONNECTION_STRING] をクリックして接続文字列を入力します。たとえば、次の JDBC 接続文字列を指定すると、ユーザー名 me とパスワード mypassword を使用し、ローカルホストのポート 3306 で MySQL データベースインスタンスに接続されます。

    jdbc:mysql://localhost:3306/mydatabase?user=me&password=mypassword

    この文字列は、Elastic Beanstalk アプリケーションでは JDBC_CONNECTION_STRING というシステムプロパティとして利用できます。

  5. キーボードで Ctrl-C を押すか、[File]、[Save] の順に選択して、変更を環境設定に保存します。変更は約 1 分以内に反映されます。