メニュー
AWS Elastic Beanstalk
開発者ガイド (API Version 2010-12-01)

環境へのデプロイ

アプリケーションをテストしたので、アプリケーションを編集して再デプロイしすぐに結果を表示することは簡単です。

ASP.NET ウェブアプリケーションを編集して再デプロイするには

  1. [Solution Explorer] でアプリケーションを右クリックし、[Republish to Environment <your environment name>] をクリックします。[Re-publish to AWS Elastic Beanstalk] ウィザードが開きます。

     [Publish to Beanstalk] ウィザード 1
  2. デプロイの詳細を確認し、[Deploy] をクリックします。

    注記

    設定を変更する場合、[Cancel] をクリックし、代わりに [Publish to AWS] ウィザードを使用します。手順については、「Elastic Beanstalk 環境の作成」を参照してください。

    更新した ASP.NET ウェブプロジェクトは新しいバージョンラベルが付いたウェブデプロイファイルとしてエクスポートされ、Amazon S3 にアップロードされ、Elastic Beanstalk に新しいアプリケーションバージョンとして登録されます。Elastic Beanstalk デプロイ機能は、新しくデプロイされたコードで利用できるようになるまで、既存の環境を監視します。env:<environment name> タブに環境のステータスが表示されます。

以前のアプリケーションバージョンにロールバックする必要がある場合などは、既存のアプリケーションを既存の環境にデプロイすることもできます。

既存のアプリケーションバージョンを既存の環境にデプロイするには

  1. [AWS Explorer] で Elastic Beanstalk ノードを展開して、Elastic Beanstalk アプリケーションを右クリックします。[View Status] を選択します。

  2. [App: <application name>] タブで [Versions] をクリックします。

     アプリケーションバージョン
  3. デプロイするアプリケーションバージョンをクリックし、[Publish Version] をクリックします。

  4. [Publish Application Version] ウィザードで、[Next] をクリックします。

     [Publish Application Version] ウィザード 1
  5. デプロイのオプションを確認し、[Deploy] をクリックします。

     [Publish Application Version] ウィザード 2

    ASP.NET プロジェクトはウェブデプロイファイルとしてエクスポートされ、Amazon S3 にアップロードされます。Elastic Beanstalk デプロイ機能は、新しくデプロイされたコードで利用できるようになるまで、環境を監視します。[env:<environment name>] タブに、環境のステータスが表示されます。