メニュー
AWS Elastic Beanstalk
開発者ガイド (API Version 2010-12-01)

EB CLI 2 コマンド

注記

EB CLI およびそのドキュメントのこのバージョンは、バージョン 3 に置き換えられました。バージョン 3 には異なるコマンドがあり、バージョン 2 と後方互換性がありません。新しいバージョンの詳細については、「Elastic Beanstalk コマンドラインインターフェイス(EB CLI)」を参照してください。

EB コマンドラインインターフェイスを使用して、幅広いオペレーションを実行できます。

eb はリポジトリの .elasticbeanstalk/optionsettings ファイルに環境設定を保存します。ローカルファイルからのみ読み取るように設計されています。eb start または eb update を実行すると、Elastic Beanstalk は .elasticbeanstalk/optionsettings ファイルを読み取り、そのコンテンツをパラメータとして CreateEnvironment API アクションまたは UpdateEnvironment API アクションに渡します。

.ebextensions/*.conf ディレクトリの設定ファイルを使用して、.elasticbeanstalk/optionsettings ファイルに指定されているものと同じ設定のいくつかを設定できます。ただし、.elasticbeanstalk/optionsettings の設定値は、.ebextensions/*.conf の設定値よりも優先されます (これらの両方で該当する設定が指定されている場合)。また、API を使用して指定したオプション設定 (eb を介して指定したオプション設定も含む) は、後で .ebextensions 設定ファイルを使用して、環境内で変更することはできません。

eb branch を実行すると、Elastic Beanstalk は .elasticbeanstalk/optionsettings 内の値にセクションを追加したり、新しい環境用のセクションを作成したりします。コマンドは、実行中の環境には影響を与えません。

現在の設定を表示するには、eb status --verbose を実行します。また、eb を Elastic Beanstalk コンソールと組み合わせて使用することによって、アプリケーションと環境の詳細を把握することもできます。