メニュー
AWS Elastic Beanstalk
開発者ガイド (API Version 2010-12-01)

eb codesource

説明

EB CLI を設定して AWS CodeCommit リポジトリからデプロイするか、または AWS CodeCommit 統合を無効にし、ローカルマシンからソースバンドルをアップロードします。

注記

一部リージョンでは、AWS CodeCommit を使用できない場合があります。これらのリージョンでは、Elastic Beanstalk と AWS CodeCommit の統合を行うことはできません。

各リージョンで提供されている AWS サービスの詳細については、「リージョンテーブル」を参照してください。

構文

eb codesource

eb codesource codecommit

eb codesource local

オプション

出力

eb codesource は、AWS CodeCommit 統合とスタンダードデプロイのどちらかを選択するよう求めます。

eb codesource codecommit は、AWS CodeCommit 統合のインタラクティブなリポジトリ設定を開始します。

eb codesource local は元の設定を示し、AWS CodeCommit 統合を無効にします。

現在のブランチの AWS CodeCommit 統合を設定するには、eb codesource codecommit を使用します。

~/my-app$ eb codesource codecommit
Select a repository
1) my-repo
2) my-app
3) [ Create new Repository ]
(default is 1): 1

Select a branch
1) master
2) test
3) [ Create new Branch with local HEAD ]
(default is 1): 1

現在のブランチの AWS CodeCommit 統合を無効にするには、eb codesource local を使用します。

~/my-app$ eb codesource local
Current CodeCommit setup:
  Repository: my-app
  Branch: master
Default set to use local sources

このページの内容: