メニュー
AWS Elastic Beanstalk
開発者ガイド (API Version 2010-12-01)

eb swap

説明

環境の CNAME を別の環境の CNAME と交換します(たとえば、アプリケーションのバージョンを更新する際にダウンタイムを回避するため)。

注記

2 つ以上の環境がある場合、希望する CNAME を現在使用している環境名を環境リストから選択するよう求められます。これを制限するには、コマンドを実行する際に -n オプションで使用する環境の名前を指定します。

構文

eb swap

eb swap environment_name

注記

environment_name は、異なる CNAME を使用する環境です。eb swap を実行する際にコマンドラインパラメータに environment_name を指定しないと、EB CLI はデフォルトの環境の CNAME を更新します。

オプション

名前

説明

-n

または

--destination_name

CNAME を交換したい環境の名前を指定します。このオプションを指定しないで eb swap を実行すると、EB CLI は環境のリストから選択するよう求められます。

一般的なオプション

出力

成功すると、コマンドは swap オペレーションのステータスを返します。

以下の例は環境 tmp-dev を live-env と交換します。

$ eb swap
Select an environment to swap with.
1) staging-dev
2) live-env
(default is 1): 2
INFO: swapEnvironmentCNAMEs is starting.
INFO: Swapping CNAMEs for environments 'tmp-dev' and 'live-env'.
INFO: 'tmp-dev.elasticbeanstalk.com' now points to 'awseb-e-j-AWSEBLoa-M7U21VXNLWHN-487871449.us-west-2.elb.amazonaws.com'.
INFO: Completed swapping CNAMEs for environments 'tmp-dev' and 'live-env'.

以下の例は環境 tmp-dev を環境 live-env と交換しますが、設定に値の入力または選択を求めません。

$ eb swap tmp-dev --destination_name live-env
INFO: swapEnvironmentCNAMEs is starting.
INFO: Swapping CNAMEs for environments 'tmp-dev' and 'live-env'.
INFO: 'tmp-dev.elasticbeanstalk.com' now points to 'awseb-e-j-AWSEBLoa-M7U21VXNLWHN-487871449.us-west-2.elb.amazonaws.com'.
INFO: Completed swapping CNAMEs for environments 'tmp-dev' and 'live-env'.

このページの内容: