メニュー
AWS Elastic Beanstalk
開発者ガイド (API Version 2010-12-01)

オプション設定

option_settings キーを使用して Elastic Beanstalk 設定を変更し、環境変数を使用してアプリケーションから取得できる変数を定義できます。一部の名前空間では、パラメータの数を増やし、パラメータ名を指定できます。名前空間と設定オプションの一覧については、「設定オプション」を参照してください。

オプション設定は、環境の作成時または環境の更新時に直接環境に適用することもできます。環境に直接適用される設定は、設定ファイルの同じオプションの設定を上書きします。環境の設定から設定を削除すると、設定ファイルの設定が有効になります。詳細については、「優先順位」を参照してください。

構文

オプション設定の標準的な構文は、namespaceoption_namevalue キーを格納したオブジェクトの配列です。

option_settings:
  - namespace:  namespace
    option_name:  option name
    value:  option value
  - namespace:  namespace
    option_name:  option name
    value:  option value

namespace キーはオプションです。名前空間を指定しない場合に使用されるデフォルトは aws:elasticbeanstalk:application:environment です。

option_settings:
  - option_name:  option name
    value:  option value
  - option_name:  option name
    value:  option value

Elastic Beanstalk では、オプション設定の簡易構文もサポートされており、名前空間内のキーと値のペアとしてオプションを指定できます。

option_settings:
  namespace:
    option name: option value

以下の例では、Tomcat プラットフォーム固有のオプションを名前空間 aws:elasticbeanstalk:container:tomcat:jvmoptionsMYPARAMETER という環境プロパティに設定します。標準の YAML 形式では、以下のようになります。

例 .ebextensions/options.config

option_settings:
  - namespace:  aws:elasticbeanstalk:container:tomcat:jvmoptions
    option_name:  Xmx
    value:  256m
  - option_name: MYPARAMETER
    value: parametervalue

簡易形式では、以下のようになります。

例 .ebextensions/options.config

option_settings:
  aws:elasticbeanstalk:container:tomcat:jvmoptions:
    Xmx: 256m
  aws:elasticbeanstalk:application:environment:
    MYPARAMETER: parametervalue

JSON の場合:

例 .ebextensions/options.config

{
  "option_settings": [
    {
      "namespace": "aws:elasticbeanstalk:container:tomcat:jvmoptions",
      "option_name": "Xmx",
      "value": "256m"
    },
    {
      "option_name": "MYPARAMETER",
      "value": "parametervalue"
    }
  ]
}

環境変数にアクセスする

設定ファイルの option_settings セクションで指定されているパラメータは、環境変数として EC2 インスタンスに渡されます。コーディングの例については、次のセクションを参照してください。

このページの内容: