メニュー
AWS Elastic Beanstalk
開発者ガイド (API Version 2010-12-01)

マニフェスト環境(env.yaml

環境を作成するときに使用する、環境の名前、ソリューションスタックと環境リンクを設定するために、YAML 形式の環境マニフェストをアプリケーションソースバンドルのルートに含めることができます。 環境マニフェストは、保存された設定と同じ形式を使用します。

このファイル形式には環境グループのサポートが含まれます。 グループを使用するには、マニフェスト内の環境の名前の末尾に +記号を指定します。 環境を作成あるいは更新する場合、グループ名を --group-name (AWS CLI) または --env-group-suffix (EB CLI) と指定します。 グループの詳細については、「AWS Elastic Beanstalk 環境グループを作成・更新する」を参照してください。

次の例では、マニフェストが、ウェブサーバー環境に依存しているワーカー環境のコンポーネントへのリンクを持つウェブサーバー環境を定義します。マニフェストは、グループを使用して同じソースバンドルで複数の環境を作成することを許可します。

~/myapp/frontend/env.yaml

AWSConfigurationTemplateVersion: 1.1.0.0
SolutionStack: 64bit Amazon Linux 2015.09 v2.0.6 running Multi-container Docker 1.7.1 (Generic)
OptionSettings:
  aws:elasticbeanstalk:command:
    BatchSize: '30'
    BatchSizeType: Percentage
  aws:elasticbeanstalk:sns:topics:
    Notification Endpoint: me@example.com
  aws:elb:policies:
    ConnectionDrainingEnabled: true
    ConnectionDrainingTimeout: '20'
  aws:elb:loadbalancer:
    CrossZone: true
  aws:elasticbeanstalk:environment:
    ServiceRole: aws-elasticbeanstalk-service-role
  aws:elasticbeanstalk:application:
    Application Healthcheck URL: /
  aws:elasticbeanstalk:healthreporting:system:
    SystemType: enhanced
  aws:autoscaling:launchconfiguration:
    IamInstanceProfile: aws-elasticbeanstalk-ec2-role
    InstanceType: t2.micro
    EC2KeyName: workstation-uswest2
  aws:autoscaling:updatepolicy:rollingupdate:
    RollingUpdateType: Health
    RollingUpdateEnabled: true
Tags:
  Cost Center: WebApp Dev
CName: front-A08G28LG+
EnvironmentName: front+
EnvironmentLinks:
  "WORKERQUEUE" : "worker+"

保存されている設定形式とサポートされるキーの詳細については、「Elastic Beanstalk 保存済み設定を使用する」を参照してください。