メニュー
AWS Elastic Beanstalk
開発者ガイド (API Version 2010-12-01)

環境管理コンソールでの拡張ヘルスモニタリング

AWS Elastic Beanstalk で拡張ヘルスレポートを有効にすると、環境マネジメントコンソールで環境のヘルスをモニタリングできます。

環境ダッシュボード

環境ダッシュボードには、環境のヘルスステータスが表示され、ヘルスステータスの最新の変更に関する情報を提供するイベントが示されます。

環境ダッシュボードを表示するには

  1. Elastic Beanstalk コンソールを開きます。

  2. お客様の環境の管理ページに移動します。

現在の環境のヘルスに関する詳細情報を確認するには、[Causes] を選択して [Health] ページを開きます。

環境の状態ページ

[Health] ページには、環境とその環境内の各 EC2 インスタンスについてヘルスステータス、メトリクス、原因が表示されます。

注記

Elastic Beanstalk では、環境に対して拡張ヘルスモニタリングを有効にした場合にのみ、[Health] ページが表示されます。

特定のステータスのインスタンスのみを表示するには、[Filter By] を選択してから ステータスを選択します。

正常でないインスタンスを再起動/終了するには、[Instance Actions]、[Reboot]、[Terminate] の順に選択します。

環境とインスタンスのヘルスに関する詳細情報を非表示にするには、[Hide Details] を選択します。特定のインスタンスの詳細を表示/非表示にするには、行の先頭にある矢印を使用します。

Elastic Beanstalk では、[Health] ページが 10 秒ごとに更新されます。このページでは、環境のヘルスに関する情報が 5 つのカテゴリ別にレポートされます。

最初のカテゴリ [Server] には、環境内の各 EC2 インスタンスに関する情報、たとえば、インスタンスの ID とステータス、インスタンスが起動されてから経過した時間、インスタンスで実行された最新のデプロイの ID が表示されます。

インスタンスの詳細(そのアベイラビリティーゾーン、インスタンスタイプなど)は、[Instance ID] をポイントすると表示されます。

インスタンスへの前回のデプロイは、[Deployment ID] をポイントすると表示されます。

デプロイに関する情報は以下のとおりです。

  • Deployment IDデプロイの一意の識別子。デプロイ ID は 1 から始まり、新しいアプリケーションバージョンをデプロイするか、お客様の環境内のインスタンスで動作するソフトウェアやオペレーティングシステムに影響を与える構成設定を変更するたびに、1 ずつ増えます。

  • Version—デプロイで使用されるアプリケーションのソースコードのバージョンラベル。

  • Status—デプロイのステータス。In ProgressDeployed、または Failed になります。

  • Time—進行中のデプロイの場合は、デプロイが開始した時間。完了したデプロイの場合は、デプロイが終了した時間。

その他のカテゴリでは、各インスタンスによって処理されたリクエストの結果とレイテンシーに関する詳細情報、各インスタンスの負荷と CPU 使用率に関する情報が示されます。これらのメトリクスの詳細については、「インスタンスメトリクス」を参照してください。

環境で X-Ray 統合を有効にして、アプリケーションを AWS X-Ray SDK で設定する場合、[Health] ページにより AWS X-Ray コンソールの概要の行にリンクが追加されます。

AWS X-Ray コンソールで、ハイライト表示された統計と関連するトレースを表示するリンクを選択します。

モニターページ

[Monitoring] ページには、拡張ヘルスレポートシステムによって生成された Amazon CloudWatch カスタムメトリクスの統計サマリーとグラフが表示されます。このページにグラフと統計情報を追加する手順については、「AWS マネジメントコンソールでの環境の状態のモニタリング」を参照してください。