メニュー
AWS Elastic Beanstalk
開発者ガイド (API Version 2010-12-01)

AWS Elastic Beanstalk 拡張ヘルスレポートの有効化

最新のプラットフォームバージョンで作成された新しい環境には、拡張ヘルスレポートをサポートする AWS Elastic Beanstalk ヘルスエージェントが付属しています。AWS マネジメントコンソール または EB CLI を使用して環境を作成する場合は、拡張ヘルスレポートがデフォルトで有効になっています。設定ファイルを使用して、アプリケーションのソースコードでヘルスレポートの設定を変更することもできます。

拡張ヘルスレポートには、一連の標準のアクセス権限に加えて、インスタンスプロファイルサービスロールが必要です。Elastic Beanstalk マネジメントコンソールで環境を作成すると、Elastic Beanstalk によって自動的に必要なロールが作成されます。最初の環境を作成する手順については、「Elastic Beanstalk の使用開始」を参照してください。

AWS マネジメントコンソール を使用した拡張ヘルスレポートの有効化

AWS マネジメントコンソール を使用して実行中の環境で拡張ヘルスレポートを有効にするには

  1. お客様の環境の管理ページに移動します。

  2. [Configuration] を選択します。

  3. [Health] パネルの [Web Tier] で、以下を選択します。

  4. [Health Reporting] の [System type] で [Enhanced] を選択します。

    注記

    サポートしていないプラットフォームまたはバージョンを使用している場合、拡張ヘルスレポートのオプションは表示されません。

  5. [Apply] を選択します。

Elastic Beanstalk コンソールでは、バージョン 2 プラットフォーム設定で新しい環境を作成するときにデフォルトで拡張ヘルスレポートが有効になります。環境の作成中にヘルスレポートオプションを変更することによって、拡張ヘルスレポートを無効にすることができます。

AWS マネジメントコンソールを使用して環境を作成しているときに拡張ヘルスレポートを無効にするは

  1. Elastic Beanstalk コンソールを開きます。

  2. 新しいアプリケーションを作成するか、既存のアプリケーションを選択します。

  3. 環境を作成します。[Configuration Details] ページの [Health Reporting] で、ヘルスレポートのタイプとして [Basic] を選択します。

EB CLI での拡張ヘルスレポートの有効化

eb create コマンドを使用して新しい環境を作成すると、EB CLI では拡張ヘルスレポートがデフォルトで有効になり、デフォルトのインスタンスプロファイルとサービスロールが適用されます。

--service-role オプションでは異なるサービスロールを名前で指定できます。

バージョン 2 プラットフォーム設定で基本ヘルスレポートが使用されている環境を実行している場合、拡張ヘルスに切り替えるには、以下の手順を実行します。

EB CLI を使用して実行中の環境の拡張ヘルスレポートを有効にするには

  1. eb config コマンドを使用して、設定ファイルをデフォルトのテキストエディタで開きます。

    ~/project$ eb config
  2. 設定セクションで、aws:elasticbeanstalk:environment 名前空間を見つけます。ServiceRole の値が null ではなく、サービスロールの名前と一致していることを確認します。

      aws:elasticbeanstalk:environment:
        EnvironmentType: LoadBalanced
        ServiceRole: aws-elasticbeanstalk-service-role
  3. aws:elasticbeanstalk:healthreporting:system: 名前空間で、SystemType の値を enhanced に変更します。

      aws:elasticbeanstalk:healthreporting:system:
        SystemType: enhanced
  4. 設定ファイルを保存し、テキストエディタを閉じます。

  5. EB CLI によって環境の更新が開始されて、設定の変更が適用されます。オペレーションの完了を待つか、Ctrl-C キーを押して安全に終了します。

    ~/project$ eb config
    Printing Status:
    INFO: Environment update is starting.
    INFO: Health reporting type changed to ENHANCED.
    INFO: Updating environment no-role-test's configuration settings.

設定ファイルを使用した拡張ヘルスレポートの有効化

ソースバンドルに設定ファイルを含めることで、拡張ヘルスレポートを有効にすることができます。以下の例では、拡張ヘルスレポートを有効にし、デフォルトのサービスとインスタンスプロファイルを環境に割り当てる、設定ファイルを示しています。

例 .ebextensions/enhanced-health.config

option_settings:
  aws:elasticbeanstalk:healthreporting:system:
    SystemType: enhanced
  aws:autoscaling:launchconfiguration:
    IamInstanceProfile: aws-elasticbeanstalk-ec2-role
  aws:elasticbeanstalk:environment:
    ServiceRole: aws-elasticbeanstalk-service-role

独自のインスタンスプロファイルやサービスロールを作成した場合は、強調表示されたテキストをそれらのロールの名前に置き換えます。