メニュー
AWS Elastic Beanstalk
開発者ガイド (API Version 2010-12-01)

init

注記

EB CLI およびそのドキュメントのこのバージョンは、バージョン 3 に置き換えられました。バージョン 3 には異なるコマンドがあり、バージョン 2 と後方互換性がありません。新しいバージョンの詳細については、「Elastic Beanstalk コマンドラインインターフェイス(EB CLI)」を参照してください。

説明

AWS の認証情報やリージョンなど、eb で作成した AWS Elastic Beanstalk 環境のさまざまなデフォルト値を設定します。init で設定した値は、現在のディレクトリおよびリポジトリにのみ適用されます。一部のデフォルト値はオペレーションオプションで上書きできます(たとえば、-e または --environment-name を使用して、branch のターゲットを特定の環境に設定します)。

注記

init コマンドを実行するまで、現在実行中の環境は変更されません。init コマンドを実行するたびに、新しい設定が config ファイルに追加されます。

eb init を使用してサンプルアプリケーションをデプロイする方法を示すチュートリアルについては、「eb 入門」を参照してください。

構文

eb init

オプション

これらのオプションはいずれも必須ではありません。オプションを使用せずに eb init を実行すると、各設定の値を入力または選択するよう求められます。

名前 説明 必須

-a

or

--application-name APPLICATION_NAME

現在のリポジトリによって管理されるアプリケーション。

型: 文字列

デフォルト: なし

いいえ

--aws-credential-file FILE_PATH_NAME

AWS の認証情報が保存されているファイルの場所(環境変数 AWS_CREDENTIAL_FILE を使用してファイルの場所を設定できます)。

型: 文字列

デフォルト: なし

いいえ

-e

または

--environment-name ENVIRONMENT_NAME

オペレーションを実行する対象の環境。

型: 文字列

デフォルト: <application-name>-env

いいえ

-I

または

--access-key-id ACCESS_KEY_ID

使用する AWS アクセスキー ID。

型: 文字列

デフォルト: なし

いいえ

-S

または

--secret-key SECRET_ACCESS_KEY

お客様の AWS シークレットアクセスキー。

型: 文字列

デフォルト: なし

いいえ

-s

または

--solution-stack SOLUTION_STACK_LABEL

アプリケーションコンテナタイプとして使用されるソリューションスタック。このオプションを使用せずに eb init を実行すると、サポートされるソリューションスタックのリストから選択するよう求められます。ソリューションスタック名は、AMI が更新されるときに変更されます。

型: 文字列

デフォルト: なし

いいえ

一般的なオプション

詳細については、「eb の一般的なオプション」を参照してください。

いいえ

出力

成功すると、コマンドは一連のプロンプトで新しい AWS Elastic Beanstalk アプリケーションをセットアップする手順を示します。

次のリクエストの例は、eb を初期化し、アプリケーションに関する情報を入力するよう求めます。赤色のプレースホルダーテキストを独自の値に置き換えます。

PROMPT> eb init

C:\>eb init
Enter your AWS Access Key ID (current value is "AKIAI*****5ZB7Q"):
Enter your AWS Secret Access Key (current value is "DHSAi*****xKPo6"):
Select an AWS Elastic Beanstalk service region (current value is "US East (Virginia)".
Available service regions are:
1) US East (Virginia)
2) US West (Oregon)
3) US West (North California)
4) EU West (Ireland)
5) Asia Pacific (Singapore)
6) Asia Pacific (Tokyo)
7) Asia Pacific (Sydney)
8) South America (Sao Paulo)
Select (1 to 8): 2
Enter an AWS Elastic Beanstalk application name (current value is "MyApp"): MyApp
Enter an AWS Elastic Beanstalk environment name (current value is "MyApp-env"): MyApp-env
Select a solution stack (current value is "64bit Amazon Linux running Python").
Available solution stacks are:
1) 32bit Amazon Linux running PHP 5.4
2) 64bit Amazon Linux running PHP 5.4
3) 32bit Amazon Linux running PHP 5.3
4) 64bit Amazon Linux running PHP 5.3
5) 32bit Amazon Linux running Node.js
6) 64bit Amazon Linux running Node.js
7) 64bit Windows Server 2008 R2 running IIS 7.5
8) 64bit Windows Server 2012 running IIS 8
9) 32bit Amazon Linux running Tomcat 7
10) 64bit Amazon Linux running Tomcat 7
11) 32bit Amazon Linux running Tomcat 6
12) 64bit Amazon Linux running Tomcat 6
13) 32bit Amazon Linux running Python
14) 64bit Amazon Linux running Python
15) 32bit Amazon Linux running Ruby 1.8.7
16) 64bit Amazon Linux running Ruby 1.8.7
17) 32bit Amazon Linux running Ruby 1.9.3
18) 64bit Amazon Linux running Ruby 1.9.3
[...]
Select (1 to 70): 60
Select an environment type (current value is "LoadBalanced").
Available environment types are:
1) LoadBalanced
2) SingleInstance
Select (1 to 2): 1
Create an RDS DB Instance? [y/n] (current value is "Yes"): y
Create an RDS BD Instance from (current value is "[No snapshot]"):
1) [No snapshot]
2) [Other snapshot]
Select (1 to 2): 1
Enter an RDS DB master password (current value is "******"):
Retype password to confirm:
If you terminate your environment, your RDS DB Instance will be deleted and you will lose your data.
Create snapshot? [y/n] (current value is "Yes"): y
Attach an instance profile (current value is "aws-elasticbeanstalk-ec2-role"):
1) [Create a default instance profile]
2) AppServer-AppServerInstanceProfile-TK2exampleHP
3) AppServer-AppServerInstanceProfile-1G2exampleK8
4) aws-opsworks-ec2-role
5) aws-elasticbeanstalk-ec2-role
6) [Other instance profile]
Select (1 to 6): 5
Updated AWS Credential file at "C:\Users\YourName\.elasticbeanstalk\aws_credential_file".

このページの内容: