メニュー
AWS Elastic Beanstalk
開発者ガイド (API Version 2010-12-01)

AWS Toolkit for Eclipse を使用する

AWS Toolkit for Eclipse は、AWS Elastic Beanstalk 管理機能を Tomcat 開発環境と統合し、環境の作成、設定、コード開発を容易にします。 ツールキットには、複数の AWS アカウントのサポート、既存の環境の管理、トラブルシューティングのための環境内のインスタンスへの直接接続が含まれます。

注記

AWS Toolkit for Eclipse は、Java と Tomcat プラットフォームを使用しているプロジェクトのみをサポートし、Java SE プラットフォームはサポートしません。

前提条件と AWS Toolkit for Eclipse のインストールの詳細については、http://aws.amazon.com/eclipse を参照してください。「Using AWS Elastic Beanstalk with the AWS Toolkit for Eclipse」ビデオも参照してください。また、ツールの役に立つ情報、操作手順、Java 開発者向けの追加資料についても説明します。

既存の環境を Eclipse にインポートする

AWS マネジメントコンソールで作成した既存の環境を Eclipse にインポートすることができます。

既存の環境をインポートするには、[AWS Elastic Beanstalk] ノードを展開し、Eclipse 内の AWS Explorer で環境をダブルクリックします。これで Elastic Beanstalk アプリケーションをこの環境にデプロイできるようになりました。