メニュー
AWS Elastic Beanstalk
開発者ガイド (API Version 2010-12-01)

Elastic Beanstalk での Node.js の使用開始

AWS Elastic Beanstalk()で Node.js アプリケーションを開始するには、最初のアプリケーションバージョンとしてアップロードして環境にデプロイするためのアプリケーションソースバンドルが必要です。環境を作成する際、Elastic Beanstalk は、高度にスケーラブルなウェブアプリケーションを実行するのに必要なすべての AWS リソースを割り当てます。

Node.js サンプルアプリケーションでの環境の起動

Elastic Beanstalk には、各プラットフォーム用の単一ページのサンプルアプリケーションが用意されているほか、追加の AWS リソース(Amazon RDS、言語、プラットフォーム固有の機能と API など)の使用方法を示す複雑なサンプルアプリケーションも用意されています。

サンプル

サポートされる設定

環境タイプ

ソースバンドル

説明

Node.js

ウェブサーバー

nodejs-v1.zip

1 ページの高速なアプリケーション。

Node.js

Amazon RDS を搭載したウェブサーバー

nodejs-express-hiking-v1.zip

Express フレームワークと RDS データベースを使用するログアプリケーションをハイキングします。

チュートリアル

Node.js

ウェブサーバーおよび DynamoDB、Amazon SNS、Amazon SQS

eb-node-express-sample-v1.0.zip

Clone the repo at GitHub.com

新しい会社のマーケティングキャンペーンに関するユーザーの連絡先情報を収集する Express ウェブサイト。AWS SDK for JavaScript in Node.js を使用して DynamoDB テーブルにエントリを書き込み、Elastic Beanstalk 設定ファイルを使用して DynamoDB、Amazon SNS、および Amazon SQS でリソースを作成します。

チュートリアル

任意のサンプルアプリケーションをダウンロードし、次の手順に従って Elastic Beanstalk にデプロイします。

サンプルアプリケーションを使用して環境を起動するには(コンソール)

  1. Elastic Beanstalk コンソールを開きます。

  2. アプリケーションを選択するか、新しいアプリケーションを作成します。

  3. 右上隅の [Actions] メニューから、[Create New Environment] を選択します。

  4. [Web server] と [Worker] 環境タイプのいずれかを選択します。作成後に環境枠を変更することはできません。

  5. [Platform] に、アプリケーションで使用される言語に一致するプラットフォームを選択します。

    注記

    Elastic Beanstalk は、リストされたほとんどのプラットフォームで複数の設定をサポートします。デフォルトでは、最新バージョンの言語、ウェブコンテナ、または Elastic Beanstalk でサポートされるフレームワークがコンソールで選択されます。アプリケーションで古いバージョンが必要な場合は、下の [Configure more options] を選択します。

  6. [App code] で、[Sample application] を選択します。

  7. 環境をさらにカスタマイズするには、[Configure more options] を選択します。以下のオプションは、環境の作成中にのみ設定できます。

    • 環境名

    • ドメイン名

    • プラットフォーム設定

    • VPC

    • 階層

    次の設定は環境の作成後に変更できますが、新しいインスタンスやその他のリソースをプロビジョニングする必要があり、適用までに長い時間がかかる場合があります。

    • インスタンスタイプ、ルートボリューム、キーペア、IAM ロール

    • 内部 RDS データベース

    • ロードバランサー

    すべての使用できる設定の詳細については、「Create New Environment ウィザード」を参照してください。

  8. [Create environment] を選択します。

次のステップ

環境でアプリケーションを実行すると、アプリケーションの新しいバージョンや、まったく異なるアプリケーションをいつでもデプロイできるようになります。新しいアプリケーションバージョンのデプロイは、プロビジョニングや EC2 インスタンスの再開が必要ないため、非常に素早く行えます。

サンプルアプリケーションを 1 つか 2 つデプロイし、Node.js アプリケーションをローカルで開発および実行する準備が整ったら、次のセクションを参照し、必要なすべてのツールとともに Node.js 開発環境を設定します。