メニュー
AWS Elastic Beanstalk
開発者ガイド (API Version 2010-12-01)

platform.yaml ファイルの形式。

このファイルの形式は次のとおりです。

version: "version-number"

provisioner:
   type: provisioner-type
   template: provisioner-template
   flavor: provisioner-flavor
        
metadata:
   maintainer: metadata-maintainer
   description: metadata-description
   operating_system_name: metadata-operating_system_name
   operating_system_version: metadata-operating_system_version
   programming_language_name: metadata-programming_language_name
   programming_language_version: metadata-programming_language_version
   framework_name: metadata-framework_name
   framework_version: metadata-framework_version

option_definitions:
   - namespace: option-def-namespace
     option_name: option-def-option_name
     description: option-def-description
     default_value: option-def-default_value

option_settings:
   - namespace: "option-setting-namespace"
     option_name: "option-setting-option_name"
     value: "option-setting-value"

各パラメーターの意味は次のとおりです。

バージョン番号

必須YAML 定義のバージョン。1.0 を指定してください。

provisioner-型

必須カスタム プラットフォームを作成するのに使用されるビルダーのタイプ。packer を指定してください。

provisioner-template

必須provisioner-type の設定を含む JSON ファイル。

provisioner-flavor

オプション。AMI に使用する基本オペレーティング システム。次のいずれか:

amazon (デフォルト)

Amazon Linux. 指定されていない場合は、プラットフォームが作成された時点の Amazon Linux の最新バージョンです。

ubuntu1604

Ubuntu 16.04 LTS

rhel7

RHEL 7

rhel6

RHEL 6

メタデータ保守

オプション。プラットフォーム所有者の連絡先情報 (100 文字)。

metadata-description

オプション。プラットフォームについての説明 (2000 文字)。

metadata-operating_system_name

オプション。プラットフォームのオペレーティングシステムの名前 (50 文字)。この値は、ListPlatformVersions API の出力をフィルタリングするときに使用できます。

metadata-operating_system_version

オプション。プラットフォームのオペレーティングシステム のバージョン (20 文字)。

metadata-programming_language_name

オプション。プラットフォームがサポートするプログラミング言語 (50 文字)

metadata-programming_language_version

オプション。プラットフォームの言語のバージョン (20 文字)。

metadata-framework_name

オプション。プラットフォームで使用されるウェブフレームワークの名前 (50 文字)。

metadata-framework_version

オプション。プラットフォームのウェブフレームワークのバージョン (20 文字)。

option-def-namespace

オプション。aws:elasticbeanstalk:container:custom 下の名前空間 (100 文字)

option-def-option_name

オプション。オプション名 (100 文字)。プラットフォームがユーザーに提供する最大 50 個のカスタム設定オプションを定義します。

option-def-description

オプション。オプションについての説明 (1024 文字)。

option-def-default_value

オプション。ユーザーが 1 つを指定しない場合に使用されるデフォルト値。

次の例では、オプション NPM_START を作成します。

options_definitions:
 -  namespace: "aws:elasticbeanstalk:container:custom:application"
    option_name: "NPM_START"
    description: "Default application startup command"
    default_value: "node application.js"
option-setting-namespace

オプション。オプションの名前空間。

option-setting-option_name

オプション。オプションの名前。Elastic Beanstalk によって提供されるオプションを 50 個まで指定できます。

option-setting-value

オプション。ユーザーが 1 つを指定しない場合に使用されるデフォルト。

次の例では、オプション TEST を作成します。

option_settings:
 - namespace: "aws:elasticbeanstalk:application:environment"
   option_name: "TEST"
   value: "This is a test"