メニュー
AWS Elastic Beanstalk
開発者ガイド (API Version 2010-12-01)

アラームの管理

AWS マネジメントコンソールを使用して、モニタリングしているメトリクスに対するアラームを作成できます。アラームを使用すると、使用環境の変化をモニタリングしやすくなり、問題が発生する前に簡単に特定して影響を緩和できます。たとえば、環境の CPU 使用率が特定のしきい値を超えた場合に通知するアラームを設定し、潜在的な問題が発生する前に気づくことができます。詳細については、「Amazon CloudWatch で Elastic Beanstalk を使用する」を参照してください。

注記

Elastic Beanstalk は CloudWatch を使用してモニタリングやアラームを行います。CloudWatch コストの平均が、使用したアラームの AWS アカウントに適用されます。

特定のメトリクスのモニタリングの詳細については、「基本ヘルスレポート」を参照してください。

アラームの状態を確認するには

  1. Elastic Beanstalk コンソールアプリケーションページから、アラームを管理する環境名をクリックします。

  2. ナビゲーションメニューから、[Alarms] をクリックしてアラームのリストを表示します。

    アラーム状態にあるアラームは、 (警告)のフラグが付いています。

  3. アラームをフィルタするには、ドロップダウンフィルタをクリックして、目的のフィルタを選択します。

  4. アラームを編集または削除するには、 (編集)または (削除)をクリックします。

アラームを作成するには

  1. Elastic Beanstalk コンソールアプリケーションページから、アラームを追加する環境名をクリックします。

  2. ナビゲーションメニューから、[Monitoring] をクリックします。

  3. アラームを作成する対象がメトリックの場合、 をクリックします。[Alarms] ページが表示されます。

  4. アラームについての詳細を入力します:

    • [Name]: このアラームの名前。

    • [Description](オプション):このアラームの内容の短い説明。

    • [Period]: 読み取り間隔。

    • [Threshold]:アラームがトリガされるためのメトリクスの動作と超えるべき値を指定します。

    • [Change state after]: アラームの状態変更をトリガするしきい値を超えた後の時間。

    • [Notify]: アラームの状態が変更された時に通知される Amazon SNS トピック。

    • [Notify when state changes to]:

      • [OK]: メトリクスの値が、定義されたしきい値の範囲内にあります。

      • [Alarm]: 定義したしきい値を超えたメトリクス。

      • [Insufficient data]: アラームが開始されたか、メトリクスが利用可能でないか、またはメトリクスがアラームの状態を決定するためのデータが不足しています。

  5. [Add] をクリックします。環境の更新中は環境ステータスがグレーになります。[Alarms] ページで作成したアラームを確認できるようになります。