メニュー
AWS Elastic Beanstalk
開発者ガイド (API Version 2010-12-01)

環境を管理する

AWS Elastic Beanstalk では、アプリケーションの新しい環境の作成がより簡単になります。開発環境やテスト環境、本稼働環境を個別に作成して管理し、アプリケーションの任意のバージョンを環境にデプロイすることも可能です。環境は長期的なものでも一時的なものでも構いません。環境を終了する際に設定を保存しておけば、後で再作成することも可能です。

アプリケーションの開発では、目的別に異なる環境にデプロイすることが多々あります。Elastic Beanstalk では、デプロイの実行方法を設定できます。このような場合、環境内にあるすべてのインスタンスにアプリケーションを同時にデプロイしたり、ローリングデプロイでデプロイをバッチに分割することができます。

設定変更は、デプロイとは別に処理され、独自の適用範囲があります。たとえば、アプリケーションを実行している EC2 インスタンスのタイプを変更する場合は、すべてのインスタンスを置き換えなければなりません。一方、環境のロードバランサーの設定を変更する場合、サービスを中断したり容量を減らすことなくインプレースで行えます。環境内のインスタンスに影響を与える設定変更は、ローリング設定更新によりバッチ単位で適用することも可能です。

注記

環境内にあるリソースの変更は Elastic Beanstalk でのみ行います。別のサービスのコンソールや CLI コマンド、SDK を使用してリソースを変更すると、Elastic Beanstalk でこれらのリソースの状態を正確にモニタリングしたり、設定を保存したり、環境を確実に再現することができなくなります。また、本稼働環境外で変更した場合も、環境を終了する際に不具合が生じます。

環境を起動する際には、まずプラットフォーム設定を選択します。パフォーマンスを向上したり新機能を追加するため、プラットフォームの設定は定期的に更新されます。いつでもお客様の環境を最新のプラットフォームの設定に更新できます。

アプリケーションが複雑になるにつれて、複数のコンポーネントに分割して、各コンポーネントが個別の環境で実行されるようにできます。長時間実行するワークロードには、Amazon Simple Queue Service(Amazon SQS)キューからのジョブを処理するワーカー環境を起動できます。