メニュー
AWS Elastic Beanstalk
開発者ガイド (API Version 2010-12-01)

Elastic Beanstalk で VPC を設定する

Amazon Virtual Private Cloud(Amazon VPC)を使用すると、アマゾン ウェブ サービス(AWS)クラウド内の独自の切り離されたセクションで仮想ネットワーク(Virtual Private Cloud(VPC)とも呼ばれます)を定義できます。VPC を使用すると、内部ウェブアプリケーション(リクルーティングアプリケーションなど)、構内データベースに接続するウェブアプリケーション(VPN 接続を使用)、プライベートウェブサービスバックエンドなど、ウェブアプリケーションの新しいクラスを Elastic Beanstalk にデプロイできます。Elastic Beanstalk は、VPC 内でインスタンスなどの AWS リソースを起動します。VPC は従来のネットワークとよく似ていますが、AWS のスケーラブルなインフラストラクチャを使用できるというメリットがあります。VPC は完全にコントロールできます。例えば、IP アドレス範囲を選択したり、サブネットを作成したりできます。また、ルートやネットワークゲートウェイを設定することもできます。各サブネットでのリソースの保護には、セキュリティグループ、ネットワークアクセスコントロールリストなど、複数のセキュリティレイヤーを使用できます。Amazon VPC の詳細については、Amazon VPC ユーザーガイド を参照してください。

環境の VPC 設定は、環境の [Configuration] ページの [VPC] 設定を表示して確認できます。[VPC] 設定が [Configuration] ページに表示されない場合、現在の環境が VPC にありません。これは、レガシーコンテナーを使用しているか、VPC 外に Elastic Beanstalk 環境を作成したためです。レガシーではないコンテナを移行して Elastic Beanstalk で Amazon VPC を使用する方法については、レガシーコンテナタイプからアプリケーションを移行する を参照してください。VPC を作成して VPC 内で Elastic Beanstalk 環境を起動する方法については、Amazon VPC で Elastic Beanstalk を使用する を参照してください。