メニュー
AWS Elastic Beanstalk
開発者ガイド (API Version 2010-12-01)

レガシーコンテナタイプからアプリケーションを移行する

レガシーコンテナタイプを使用する Elastic Beanstalk アプリケーションをデプロイした場合は、新しい機能にアクセスできるよう、レガシーではないコンテナを使用してアプリケーションを新しい環境に移行してください。アプリケーションの実行にレガシーコンテナを使用しているかどうか不明な場合は、Elastic Beanstalk コンソールで確認できます。手順については、「レガシーコンテナタイプを使っているかどうかを調べるには」を参照してください。

レガシーコンテナにはどのような新しい機能が抜けていますか?

レガシーのウェブプラットフォームは次の機能をサポートしません。

いくつかのコンテナタイプがレガシーとマークされている理由

一部の古いプラットフォーム設定では、最新の Elastic Beanstalk 機能はサポートされていません。これらの設定は AWS マネジメントコンソール の環境設定ページで [(legacy)] とマークされます。

レガシーコンテナタイプを使っているかどうかを調べるには

  1. Elastic Beanstalk コンソールを開きます。

  2. Elastic Beanstalk コンソールアプリケーションページから、アラームを追加確認する環境をクリックします。

  3. 環境ダッシュボードの [Overview] セクションに、[Configuration] 名が表示されます。

    設定の横に [(legacy)] が表示されている場合、アプリケーションでレガシーコンテナタイプを使用しています。

アプリケーションを移行するには

  1. アプリケーションを新しい環境にデプロイするには方法については、「AWS Elastic Beanstalk 環境を作成する」を参照してください。

  2. Amazon RDS DB インスタンスが存在する場合は、新しい環境の EC2 セキュリティグループへのアクセスを許可するため、データベースセキュリティグループを更新してください。AWS マネジメントコンソールを使用した EC2 セキュリティグループ名の検索手順については、「セキュリティグループ」を参照してください。EC2 セキュリティグループの詳しい設定方法については「Amazon Relational Database Service User Guide」の「Working with DB Security Groups」にある「Authorizing Network Access to an Amazon EC2 Security Group」セクションをご覧ください。

  3. 環境 URL をスワップします。方法については、「AWS Elastic Beanstalk を使用した Blue-Green Deployment」を参照してください。

  4. 以前の環境を終了します。方法については、「環境を終了する」を参照してください。

注記

AWS Identity and Access Management(IAM)を使用している場合は、必要に応じて AWS CloudFormation and Amazon RDS を含めるようポリシーを更新してください。詳細については、「Elastic Beanstalk を AWS Identity and Access Management とともに使用する」を参照してください。