メニュー
AWS Elastic Beanstalk
開発者ガイド (API Version 2010-12-01)

環境設定の更新およびアプリケーションのデプロイのキャンセル

環境設定の変更によってトリガされる進行中の更新はキャンセルできます。また、進行中の新しいアプリケーションバージョンのデプロイをキャンセルすることもできます。たとえば、新しい環境設定を適用するのではなく、既存の環境設定を引き続き使用するよう決定した場合は、更新をキャンセルすることもあります。または、デプロイする新しいアプリケーションバージョンに問題があり、それによってアプリケーションが起動しなくなったり、正しく実行されなくなったりすることがわかる場合があります。環境またはアプリケーションバージョンの更新をキャンセルすることで、更新またはデプロイプロセスが終了するのを待ってから、環境またはアプリケーションバージョンの更新を新たに試みることを回避できます。

注記

不要になった古いリソースが削除されるクリーンアップフェーズでは、インスタンスの最後のバッチが更新された後に、更新をキャンセルすることはできません。

Elastic Beanstalk は、最後に成功した更新と同じ方法を使ってロールバックを実行します。たとえば、環境で時間ベースのローリング更新を有効にしている場合、Elastic Beanstalk はインスタンスの 1 つのバッチでの変更のロールバックから、次のバッチの変更のロールバックまで、指定された時間待機します。または、最近ローリング更新を有効にしたが、最後に正常に環境設定を更新した際に、ローリング更新を行わなかった場合、Elastic Beanstalk ではすべてのインスタンスで同時にロールバックが実行されます。

いったん更新のキャンセルを開始すると、Elastic Beanstalk で前の環境設定にロールバックすることはできません。ロールバックプロセスは、環境のすべてのインスタンスに以前の環境設定が戻るか、ロールバックプロセスが失敗するまで続行されます。アプリケーションバージョンのデプロイでは、デプロイをキャンセルすると単純にデプロイが中止されます。一部のインスタンスには新しいアプリケーションバージョンが適用され、他のインスタンスは引き続き既存のアプリケーションバージョンが実行されます。後で、同じアプリケーションバージョンまたは別のアプリケーションバージョンをデプロイできます。

ローリング更新の詳細については、「Elastic Beanstalk 環境設定のローリング更新」を参照してください。バッチ処理されたアプリケーションバージョンのデプロイの詳細については、「デプロイポリシーと設定」を参照してください。

更新をキャンセルするには

  • 環境ダッシュボードで、[Actions] をクリックし、[Abort Current Operation] をクリックします。