メニュー
AWS Elastic Beanstalk
開発者ガイド (API Version 2010-12-01)

例: VPC 内のパブリックインスタンスで構成される負荷分散型オートスケーリング環境の起動

単一パブリックサブネット内の負荷分散型オートスケーリング環境に Elastic Beanstalk アプリケーションをデプロイできます。プライベートリソースが Amazon EC2 インスタンスに関連付けられていない単一パブリックサブネットを使用する場合は、この設定を使用します。この設定では、Elastic Beanstalk は Amazon EC2 インスタンスにパブリック IP アドレスを割り当てるため、それぞれが VPC インターネットゲートウェイを介して直接インターネットにアクセスできます。VPC でネットワークアドレス変換(NAT)設定を作成する必要はありません。

 Elastic Beanstalk および VPC トポロジ

単一パブリックサブネット内の負荷分散型オートスケーリング環境に Elastic Beanstalk アプリケーションをデプロイするには、次のタスクを完了する必要があります。

パブリックサブネットを持つ VPC を作成する

VPC を作成するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインした後、Amazon VPC コンソール (https://console.aws.amazon.com/vpc/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[VPC Dashboard] を選択します。次に、[Start VPC Wizard] を選択します。

  3. [VPC with a Single Public Subnet] を選択し、[Select] を選択します。

     ウィザードの最初のオプションを選択

    確認ページが表示され、VPC およびサブネットに使用されている CIDR ブロックが示されます。このページには、サブネットおよび関連付けられているアベイラビリティーゾーンも表示されます。

     オプション 1 の確認ページ
  4. [VPC の作成] を選択します。

    AWS によって、VPC、サブネット、インターネットゲートウェイ、およびルートテーブルが作成されます。[OK] を選択してウィザードを終了します。

    AWS は、VPC を正常に作成した後、その VPC に VPC ID を割り当てます。これは、次のステップで必要になります。VPC ID を表示するには、[Amazon VPC console] の左ペインで [Your VPCs] を選択します。

     VPC ID

Elastic Beanstalk へのデプロイ

VPC を設定したら、VPC 内部に環境を作成して、アプリケーションを Elastic Beanstalk にデプロイできます。インストールには、Elastic Beanstalk コンソールを使用するか、AWS ツールキット、AWS CLI、EB CLI、または Elastic Beanstalk API を使用できます。Elastic Beanstalk コンソールを使用した場合、.war ファイルまたは .zip ファイルをアップロードして、ウィザード内で VPC 設定を選択するだけでかまいません。その後、Elastic Beanstalk は VPC 内に環境を作成し、アプリケーションをデプロイします。または、AWS ツールキット、AWS CLI EB CLI、Elastic Beanstalk API を使用してアプリケーションをデプロイできます。その場合は、設定ファイルで VPC オプション設定を定義して、このファイルをソースバンドルと共にデプロイする必要があります。このトピックでは、両方の方法の手順を説明します。

Elastic Beanstalk コンソールを使用してデプロイする

Elastic Beanstalk アプリケーションの作成時、または環境の起動時に、Elastic Beanstalk コンソールは VPC 内に環境を作成する方法をガイドします。詳細については、「AWS Elastic Beanstalk アプリケーションの管理および設定」を参照してください。

インスタンスの VPC ID とサブネット ID を選択する必要があります。デフォルトでは、VPC は 10.0.0.0/24 を使用してがパブリックサブネットを作成します。 サブネット ID を表示するには、[Amazon VPC console] で [Subnets] をクリックします。

 VPC のサブネット ID

AWS ツールキット、AWS CLI、EB CLI、または Elastic Beanstalk API でデプロイする

AWS Toolkit、EB CLI、AWS CLI、または API を使用してアプリケーションを Elastic Beanstalk にデプロイする場合は、ファイルで VPC オプション設定を指定して、ソースバンドルと一緒にデプロイできます。詳細については、「設定ファイル(.ebextensions)による高度な環境のカスタマイズ」を参照してください。

オプション設定で設定ファイルを作成する場合は、次の設定オプションを指定する必要があります。

aws:ec2:vpc 名前空間:

VPCId

VPC の識別子。

Subnets

インスタンスを起動するサブネットの識別子。

カンマで区切ることで、複数の識別子を指定できます。

AssociatePublicIpAddress

VPC 内のパブリック IP アドレスを持つインスタンスを起動するかどうかを指定します。パブリック IP アドレスを持つインスタンスは、インターネットと通信するために NAT デバイスを必要としません。ロードバランサーとインスタンスを 1 つのパブリックサブネットに含める場合は、値を true に設定する必要があります。

VPC 内で Elastic Beanstalk アプリケーションをデプロイするときに設定できるオプション設定の例を次に示します。

option_settings:
  aws:ec2:vpc:
    VPCId: "vpd_id"
    Subnets: "instance_subnet, etc"
    AssociatePublicIpAddress: "true"