メニュー
Elastic Load Balancing
クラシックロードバランサー

チュートリアル: Classic Load Balancer の作成

このチュートリアルでは、ウェブベースインターフェイスである AWS マネジメントコンソールを使った Classic Load Balancer の使用方法を実践的に説明します。ここでは、パブリック HTTP トラフィックを受信し、このトラフィックを EC2 インスタンスに送信するロードバランサーを作成します。

EC2-Classic や VPC で使用するためのロードバランサーを作成できます。このチュートリアルで説明するタスクの一部は、VPC でのロードバランサーにのみ適用されます。

開始する前に

  • VPC および EC2 インスタンスの準備」の各ステップを実行します。

  • ロードバランサーに登録する EC2 インスタンスを起動します。これらのインスタンスのセキュリティグループでは、ポート 80 の HTTP アクセスを許可していることを確認してください。

  • Apache や Internet Information Services (IIS) などのウェブサーバーを各インスタンスにインストールし、インターネットに接続されたウェブブラウザのアドレスフィールドにその DNS 名を入力して、ブラウザにサーバーのデフォルトページが表示されていることを確認します。

ステップ 1: ロードバランサーの種類の選択

Elastic Load Balancing は 2 種類のロードバランサー (アプリケーションロードバランサー および Classic Load Balancer) をサポートします。このチュートリアルでは、Classic Load Balancer を作成します。

または、アプリケーションロードバランサー を作成するには、Elastic Load Balancing ユーザーガイド の「Elastic Load Balancing のご利用開始にあたって」を参照してください。

Classic Load Balancer を作成するには

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/) にある Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションバーで、ロードバランサーのリージョンを選択します。EC2 インスタンス用に選択したリージョンと同じリージョンを必ず選択してください。

  3. ナビゲーションペインの [LOAD BALANCING] で [Load Balancers] を選択します。

  4. [Create Load Balancer] を選択します。

  5. [Classic Load Balancer] を選択し、[Continue] を選択します。

ステップ 2: ロードバランサーの定義

名前、ネットワーク、リスナーなど、ロードバランサーの基本的な設定を指定する必要があります。

リスナーとは接続リクエストをチェックするプロセスです。リスナーは、フロントエンド (クライアントからロードバランサー) 接続用のプロトコルとポート、およびバックエンド (ロードバランサーからインスタンス) 接続用のプロトコルとポートを使用して設定します。このチュートリアルでは、ポート 80 で HTTP リクエストを受け取り、HTTP を使用してポート 80 でインスタンスにそれらのリクエストを送信するリスナーを設定します。

ロードバランサーおよびリスナーを定義するには

  1. [Load Balancer name] に、ロードバランサーの名前を入力します。

    Classic Load Balancer の名前は、リージョンの Classic Load Balancer セット内で一意にする必要があります。最大 32 文字で、英数字とハイフンのみ使用できます。先頭と末尾にハイフンを使用することはできません。

  2. [Create LB inside] で、インスタンス用に選択したネットワークと同じネットワークを選択します (EC2-Classic または特定の VPC)。

  3. [デフォルト VPC] デフォルト VPC を選択したときに、ロードバランサーのサブネットを選択する必要がある場合は、[Enable advanced VPC configuration] を選択します。

  4. リスナー設定をデフォルトのままにします。

     ロードバランサーの定義
  5. [EC2-VPC] [Available subnets] で、アドオンを使用して、利用可能なパブリックサブネットを少なくとも 1 つ選択します。サブネットが [Selected subnets] に移動します。ロードバランサーの可用性を高めるには、複数のパブリックサブネットを選択します。

    注記

    EC2-Classic をネットワークとして選択した場合、またはデフォルト VPC を所有していて [Enable advanced VPC configuration] を選択しなかった場合は、サブネットを選択するユーザーインターフェイスは表示されません。

    アベイラビリティーゾーンにつき、多くとも 1 つのサブネットしか追加できません。既に選択されたサブネットがあるアベイラビリティーゾーンからサブネットを選択する場合、現在アベイラビリティーゾーン用に選択されたサブネットがこのサブネットに置き換えられます。

     サブネットの選択
  6. [Next: Assign Security Groups] を選択します。

ステップ 3: VPC でのロードバランサーへのセキュリティグループの割り当て

VPC をネットワークとして選択した場合は、ポートへのインバウンドトラフィックを許可するセキュリティグループをロードバランサーに割り当てる必要があります。このポートは、ロードバランサーとロードバランサーのヘルスチェック用に指定したポートです。

注記

EC2-Classic をネットワークとして選択した場合は、次のステップに進むことができます。デフォルトでは、Elastic Load Balancing には EC2-Classic のロードバランサー用のセキュリティグループが用意されています。

ロードバランサーにセキュリティグループを割り当てるには

  1. [Assign Security Groups] ページで [Create a new security group] を選択します。

  2. セキュリティグループの名前と説明を入力するか、デフォルトの名前と説明をそのまま使用します。この新しいセキュリティグループには、ロードバランサーで使用するように設定したポートへのトラフィックを許可するルールが含まれます。

     セキュリティグループの選択
  3. [Next: Configure Security Settings] を選択します。

  4. このチュートリアルでは、セキュアリスナーを使用しません。[Next: Configure Health Check] を選択して、次のステップに進みます。

ステップ 4: EC2 インスタンスのヘルスチェックの設定

Elastic Load Balancing は、ロードバランサーの EC2 インスタンスについて、ヘルスチェックを自動的に実行します。問題のあるインスタンスを検出した場合、Elastic Load Balancing はそのインスタンスへのトラフィックの送信を停止し、トラフィックのルートを正常なインスタンスに変更します。このステップでは、ロードバランサーのヘルスチェックをカスタマイズします。

インスタンスのヘルスチェックを設定するには

  1. [Configure Health Check] ページで、[Ping Protocol] を HTTP に設定し、[Ping Port] を 80 に設定します。

  2. [Ping Path] ボックスのデフォルト値を半角のスラッシュ (「/」) で置き換えます。これにより、Elastic Load Balancing は、ヘルスチェッククエリをウェブサーバーのデフォルトのホームページ (index.html など) に送信できるようになります。

     ヘルスチェックの設定
  3. [Advanced Details] はデフォルト値のままにします。

  4. [Next: Add EC2 Instances] を選択します。

ステップ 5: Load Balancer への EC2 インスタンスの登録

ロードバランサーは、ロードバランサーに登録されたインスタンスにトラフィックを分散します。

注記

アタッチされている Elastic Network Interface (ENI) にインスタンスを登録するとき、ロードバランサーは、インスタンスのプライマリインターフェイス (eth0) のプライマリ IP アドレスにトラフィックをルーティングします。

ロードバランサーへ EC2 インスタンスを登録するには

  1. [Add EC2 Instances] ページで、ロードバランサーに登録するインスタンスを選択します。

  2. クロスゾーン負荷分散および接続のストリーミングを有効のままにします。

  3. [Next: Add Tags] を選択します。

また、次のオプションを使用すると、後でロードバランサーにインスタンスを登録することもできます。

ステップ 6: ロードバランサーに対するタグの設定 (オプション)

ロードバランサーにタグを設定することができます。また、次のステップに進むこともできます。ロードバランサーのタグ付けは後から行うことができます。詳細については、「Classic Load Balancer にタグ付けする」を参照してください。

ロードバランサーにタグを追加するには

  1. [Add Tags] ページで、タグのキーと値を指定します。

  2. 別のタグを追加するには、[Create Tag] を選択して、タグのキーと値を指定します。

  3. タグの追加が終了したら、[Review and Create] を選択します。

ステップ 7: Load Balancer の作成と検証

ロードバランサーを作成する前に、選択した設定を確認します。ロードバランサーを作成した後で、EC2 インスタンスにトラフィックを送信するかどうかを検証できます。

ロードバランサーを作成してテストするには

  1. [Review] ページで、[Create ] を選択します。

  2. ロードバランサーが作成されたことが通知されたら、[Close] を選択します。

  3. 新しいロードバランサーを選択します。

  4. [Description] タブで [Status] 行を確認します。この行が一部のインスタンスが実行されていないことを示している場合、インスタンスはまだ登録中の可能性があります。詳細については、「Classic Load Balancer のトラブルシューティングを行う: インスタンスの登録」を参照してください。

  5. 少なくとも 1 つの EC2 インスタンスの状態が実行中であれば、ロードバランサーをテストできます。[DNS name] の文字列 (例: my-load-balancer-1234567890.us-west-2.elb.amazonaws.com) をコピーし、インターネットに接続したウェブブラウザのアドレスフィールドに貼り付けます。ロードバランサーが実行中の場合は、 サーバーのデフォルトページが表示されます。

ステップ 8: ロードバランサーの削除 (オプション)

ロードバランサーが利用可能になると、ロードバランサーの実行時間に応じて 1 時間ごと、または 1 時間未満の時間について課金されます。不要になったロードバランサーは削除できます。ロードバランサーが削除されると、ロードバランサーの課金も停止されます。ロードバランサーを削除しても、ロードバランサーに登録されたインスタンスには影響を与えません。

ロードバランサーを削除するには

  1. ロードバランサーをポイントするドメインの CNAME レコードが存在する場合は、新しい場所にポイントして DNS の変更が有効になってから、ロードバランサーを削除します。

  2. https://console.aws.amazon.com/ec2/) にある Amazon EC2 コンソールを開きます。

  3. ナビゲーションペインの [LOAD BALANCING] で [Load Balancers] を選択します。

  4. ロードバランサーを選択します。

  5. [ Actions] で、[Delete ] を選択します。

  6. 確認を求めるメッセージが表示されたら、[Yes, Delete] を選択します。

  7. (オプション) ロードバランサーを削除しても、そのロードバランサーに関連付けられた EC2 インスタンスは実行し続けます。また、それらのインスタンスの実行時間に応じて 1 時間ごと、または 1 時間未満の時間について課金されます。インスタンスの停止や終了の詳細については、『Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイド』の「インスタンスの停止と起動」または「インスタンスの終了」を参照してください。