メニュー
Amazon EMR
管理ガイド

AWS リージョンを選択する

Amazon Web Services は、世界中のデータセンターにあるサーバーで実行されています。 データセンターは、地理的リージョン別に整理されています。 Amazon EMR クラスターを起動するときは、リージョンを指定する必要があります。レイテンシーを削減し、コストを最小限に抑えて規制用件に対応できるリージョンを選ぶとよいでしょう。Amazon EMR によりサポートされているリージョンとエンドポイントのリストについては、 Amazon Web Services General Reference の「 リージョンとエンドポイント」を参照してください。

最高のパフォーマンスのため、クラスターはデータと同じリージョンで起動する必要があります。たとえば、入力データを格納している Amazon S3 バケットが US West (Oregon) リージョンにある場合、リージョン間のデータ転送料を避けるため、US West (Oregon) リージョンでクラスターを起動する必要があります。Amazon S3 バケットを使用して、クラスターの出力を受け取る場合、それも US West (Oregon) リージョンで作成する必要があります。

Amazon EC2 キーペアをクラスターと関連付ける予定がある場合(SSH を使用して、マスターノードにログオンする場合に必要)、キーペアをクラスターと同じリージョンで作成する必要があります。同様に、Amazon EMR がクラスターを管理するために作成するセキュリティグループは、クラスターと同じリージョンに作成します。

If you signed up for an AWS account on or after May 17, 2017, the default region when you access a resource from the AWS Management Console is US East (Ohio) (us-east-2); for older accounts, the default region is either US West (Oregon) (us-west-2) or US East (N. Virginia) (us-east-1). For more information, see Regions and Endpoints.

一部の AWS 機能は限定されたリージョンでのみ使用できます。たとえば、クラスターコンピューティングインスタンスは US East (N. Virginia) リージョンでのみ使用でき、Asia Pacific (Sydney) リージョンでは Hadoop 1.0.3 以降のみサポートされます。リージョンを選択する場合は、リージョンで使用したい機能がサポートされていることを確認してください。

最高のパフォーマンスのため、クラスターで使用されるすべての AWS リソースに同じリージョンを使用します。次の表に、サービス間でリージョン名をマッピングします。Amazon EMR リージョンのリストについては、『Amazon Web Services General Reference』の「AWS リージョンとエンドポイント」を参照してください。

コンソールを使用してリージョンを選択する

デフォルトのリージョンは自動的に表示されます。

コンソールを使用してリージョンを変更するには

  • リージョンを切り替えるには、ナビゲーションバーのアカウント情報の右側にあるリージョンリストを選択します。

AWS CLI を使用してリージョンを指定する

aws configure コマンドまたは AWS_DEFAULT_REGION 環境変数を使用して、AWS CLI でデフォルトのリージョンを指定します。詳細については、AWS Command Line Interface User Guideの「AWS リージョンの設定」を参照してください。

SDK または API を使用してリージョンを選択するには

SDK を使用してリージョンを選択するには、リージョンのエンドポイントを使用するようにアプリケーションを設定します。AWS SDK を使用してクライアントアプリケーションを作成している場合、以下の例のように setEndpoint を呼び出すことによってクライアントのエンドポイントを変更できます。

Copy
client.setEndpoint("elasticmapreduce.us-west-2.amazonaws.com");

アプリケーションでエンドポイントを設定して、リージョンを指定したら、クラスターの EC2 インスタンスのアベイラビリティーゾーンを設定できます。アベイラビリティーゾーンはそれぞれが地理的に独立しており、他のゾーンの影響は受けません。また、同じリージョン内の他のアベイラビリティーゾーンへのネットワーク接続が低コストで、レイテンシーも短くなります。リージョンには 1 つまたは複数のアベイラビリティーゾーンが含まれます。パフォーマンスを最適化し、レイテンシーを低減するには、すべてのリソースを、それらを使用するクラスターと同じアベイラビリティーゾーンに置く必要があります。