メニュー
AWS Greengrass
開発者ガイド

ロガー定義の作成

ロガーリストは、AWS Greengrass コア および Lambda 関数で生成されたログの保存先を定義します。ログは、AWS Greengrass コア ハードウェアのファイルシステムまたは Amazon CloudWatch に保存できます。この例では、保存先を AWS Greengrass コア ハードウェアに設定します。

まず、ログ定義を作成します。

Copy
aws greengrass create-logger-definition --name "MyLoggerDefinition"

--name 引数は、ロガー定義の名前を指定します。

CLI コマンド create-logger-definition の出力は次のようになります。

Copy
{ "LastUpdatedTimestamp": "2017-05-17T21:18:55.331Z", "CreationTimestamp": "2017-05-17T21:18:55.331Z", "Id": "beab53cc-098c-4ad2-ac7c-45a70fbde559", "Arn":"arn:aws:greengrass-us-west-2:123451234510:/greengrass/definition/loggers/beab53cc-098c-4ad2-ac7c-45a70fbde559", "Name": "<MyLoggerDefinition>" }

次に、ロガー定義バージョンを作成します。

Copy
aws greengrass create-logger-definition-version --logger-definition-id "<LoggerDefinitionId>" --loggers '[ { "Id": "<LoggerElementId>", "Component": "GreengrassSystem", "Level": "INFO", "Space": 5120, "Type": "FileSystem" }, { "Id": "<LoggerElementId>", "Component": "Lambda", "Level": "DEBUG", "Space": 5120, "Type": "FileSystem" }]'

CLI コマンド create-logger-definition-version の引数

--logger-definition-id

ロガー定義の ID。

--loggers

ロガーを定義する JSON オブジェクトのリスト。

Id

リストの当該エントリの要素 ID。

Component

ログコンポーネント。有効な値は GreengrassSystem または Lambda です。

Level

ログ記録のレベル。有効な値は、DEBUGINFOWARNERRORFATAL です。

Space

このロガーのログに使用する最大容量 (KB 単位)。

Type

ロガーの種類。有効な値は FileSystem または AWSCloudwatch です。

CLI コマンド create-logger-definition-version の出力は次のようになります。

Copy
{ "Arn" : "arn:aws:greengrass:us-west-2:123451234510:/greengrass/definition/logging/beab53cc-098c-4ad2-ac7c-45a70fbde559/versions/ca679860-e5a1-4872-88f6-99a4ca988fc3", "Id" : "beab53cc-098c-4ad2-ac7c-45a70fbde559", "Version" : "ca679860-e5a1-4872-88f6-99a4ca988fc3", "CreationTimestamp" : "2017-05-17T21:26:58.438Z" }

create-logger-definition-version の出力を保存します。後で "Arn" フィールドを使用してリストをグループに追加します。

作成したログリストのバージョンを表示するには、CLI コマンド get-logging-list-version を実行します。

Copy
aws greengrass get-logger-definition-version --logger-definition-id "<LoggerDefinitionId>" --logger-definition-version-id "<LoggerDefinitionVersion>"

CLI コマンド create-logger-definition-version の引数

--logger-definition-id

ロガー定義の ID。

--logger-definition-version-id

ロガー定義バージョンの ID。

CLI コマンド get-logger-definition-version の出力は次のようになります。

Copy
{ "Definition": { "Loggers": [ { "Type": "FileSystem", "Space": 5120, "Component": "Lambda", "Id": "lambda-logs", "Level": "DEBUG" }, { "Type": "FileSystem", "Space": 5120, "Component": "GreengrassSystem", "Id": "system-logs", "Level": "INFO" } ] }, "Version": "ca679860-e5a1-4872-88f6-99a4ca988fc3", "CreationTimestamp": "2017-05-17T21:26:58.438Z", "Id": "beab53cc-098c-4ad2-ac7c-45a70fbde559", "Arn": "arn:aws:greengrass:us-west-2:123451234510:/greengrass/definition/logging/beab53cc-098c-4ad2-ac7c-45a70fbde559/versions/ca679860-e5a1-4872-88f6-99a4ca988fc3" }