メニュー
AWS Greengrass
開発者ガイド

コア定義の作成

AWS Greengrass コア 定義は、AWS Greengrass グループのメンバーである AWS Greengrass コア および関連付けられた設定データのリストです。現在、リストごとの AWS Greengrass コア は 1 つに限られます。このデータでは、どのデバイスが AWS Greengrass コア であり、どのデバイスで Thing Shadow データと AWS IoT を同期させるかを指定します。AWS IoT での AWS Greengrass コア を表すモノを作成する必要があります。このシナリオでは、AWS IoT モノ GGC_Thing を使用して AWS Greengrass コア デバイスを表します。

まず、CLI コマンド create-core-definitionを使用して AWS Greengrass コア リストを作成します。

Copy
aws greengrass create-core-definition --name "CoreDefinitionName"

--name 引数は、AWS Greengrass コア 定義の名前を指定します。

CLI コマンド create-core-definition の出力は次のようになります。

Copy
{ "LastUpdatedTimestamp": "2017-05-17T17:49:50.584Z", "CreationTimestamp": "2017-05-17T17:49:50.584Z", "Id": "099d0333-3b37-451e-8d1c-745950ea8e27", "Arn":"arn:aws:greengrass:us-west-2:123451234510:/greengrass/definition/cores/099d0333-3b37-451e-8d1c-745950ea8e27", "Name": "<CoreDefinitionName>" }

AWS Greengrass コア 定義を作成したので、次にこの定義に AWS Greengrass コア を追加して AWS Greengrass コア 定義バージョンを作成します。

Copy
aws greengrass create-core-definition-version --core-definition-id "<CoreDefinitionId>" --cores '[{ "CertificateArn": "<GGC_Cert-Arn>", "Id": "<CoreElementId>", "SyncShadow": true, "ThingArn": "<GGC_Thing-Arn>" }]'

create-core コマンドの引数

--core-definition-id

CLI コマンド create-core-definition から返される ID。

--cores

以下を含む AWS Greengrass コア を記述する JSON オブジェクトのリスト。

CertificateArn

コアの証明書の ARN。

CoreElementId

コア定義バージョンの任意の ID。

SyncShadow

コアのシャドウをクラウドと同期させる必要がある場合は true。そうでない場合は、false です。

ThingArn

AWS Greengrass コア を表す AWS IoT モノの ARN。

CLI コマンド create-core-definition-version の出力は次のようになります。

Copy
{ "Arn" : "arn:aws:greengrass:us-west-2:123451234510:/greengrass/definition/cores/099d0333-3b37-451e-8d1c-745950ea8e27/versions/e20c9a13-d737-441e-9f44-b0e70b0357f4", "Id" : "099d0333-3b37-451e-8d1c-745950ea8e27", "Version" : "e20c9a13-d737-441e-9f44-b0e70b0357f4", "CreationTimestamp" : "2017-05-17T17:57:01.449Z" }

CLI コマンドの出力の ARN を保存します。後でリストをグループに追加するときに必要になります。

CLI コマンド get-core-definition-versionを使用して AWS Greengrass コア リストバージョンを表示できます。

Copy
aws greengrass get-core-definition-version --core-definition-id CoreDefinitionId --core-definition-version-id <CoreDefinitionVersionId>

CLI コマンド get-core-definition-version の引数

--core-definition-id

CLI コマンド create-core-definition の出力の AWS Greengrass コア 定義 ID。

--core-definition-version-id

AWS Greengrass コア 定義バージョンの ID。前の例では、e20c9a13-d737-441e-9f44-b0e70b0357f4 です。

CLI コマンド get-core-definition-version の出力は次のようになります。

Copy
{ "Definition": { "Cores": [ { "CertificateArn": "arn:aws:iot:us-west-2:123451234510:cert/b47d7b575e495d798ae0b83be87041b3b860e312105e40e2481527dd39918f49", "ThingArn": "arn:aws:iot:us-west-2:123451234510:thing/StorylineUpdate_Core", "SyncShadow": true, "Id": "base-core" } ] }, "Version": "e20c9a13-d737-441e-9f44-b0e70b0357f4", "CreationTimestamp": "2017-05-17T17:57:01.449Z", "Id": "099d0333-3b37-451e-8d1c-745950ea8e27", "Arn": "arn:aws:greengrass:us-west-2:123451234510:/greengrass/definition/cores/099d0333-3b37-451e-8d1c-745950ea8e27/versions/e20c9a13-d737-441e-9f44-b0e70b0357f4" }