メニュー
AWS Greengrass
開発者ガイド

AWS Greengrass グループに AWS IoT デバイスを追加する

AWS Greengrass グループ と AWS Greengrass コア を作成したので、グループにデバイスを追加できます。AWS IoT コンソールを使用して、デバイスの AWS IoT モノ、証明書、およびポリシーを作成します。

  1. AWS 認証情報を使用して AWS IoT コンソールにサインインします。

  2. デバイスの AWS IoT モノを作成します。詳細については、モノの作成を参照してください。

  3. AWS IoT デバイスの証明書およびプライベートキーを作成します。詳細については、デバイス証明書の作成を参照してください。証明書とプライベートキーは、AWS Greengrass コア でクラウドベースの AWS IoT サービスへの接続を確立するために使用されます。たとえば、証明書により、デバイスは以下のことができます。

    • AWS IoT に接続し、デバイスが属している AWS Greengrass グループに関する情報を受け取る。

    • AWS Greengrass コア に接続する。

    証明書とプライベートキーを安全な場所に保存します。後で AWS Greengrass コア デバイスにコピーする必要があります。

  4. デバイス証明書を AWS IoT モノにアタッチします。詳細については、「モノに証明書をアタッチする」を参照してください。

  5. 証明書が有効になっていることを確認します。

  6. AWS IoT ポリシーを作成してデバイス証明書にアタッチします。AWS ポリシーによって、AWS Greengrass コア がアクセスできる AWS IoT リソースが決まります。AWS IoT コンソールで、[Security]、[Policies] の順に選択します。[Create] を選択して AWS IoT ポリシーを作成します。

    [Create a Policy] ページで、ポリシーの名前を入力します。[Add statements] で、[Action] テキストボックスに「iot:*, greengrass:*」と入力します。[Resource ARN] テキストボックスに、「*」 と入力します。これにより、このポリシーに関連付けられたアイデンティティですべての AWS IoT および AWS Greengrass オペレーションを実行できます。詳細については、「AWS IoT ポリシーの作成」を参照してください。