メニュー
AWS Greengrass
開発者ガイド

AWS Greengrass コアを起動してクラウドに接続する

/greengrass ディレクトリから次のコマンドを実行してコアを起動し、AWS IoT へのクラウド接続を有効にします。

Copy
sudo ./greengrassd start

Greengrass デーモンが正常に実行された場合は、次のような出力が表示されます。

Copy
sudo /greengrass/greengrassd start Setting up greengrass daemon Validating execution environment ggc_group:x:119: Found cgroup subsystem: cpu Found cgroup subsystem: cpuacct Found cgroup subsystem: blkio Found cgroup subsystem: memory Found cgroup subsystem: devices Found cgroup subsystem: freezer Found cgroup subsystem: net_cls Starting greengrass daemon PID: 1306 Greengrass daemon started

以下のエラーが表示された場合は、

Copy
The cgroup subsystem is not mounted: cpuset

このスクリプトを実行して、有効な cgroups をマウントします。

Copy
# used script from: https://raw.githubusercontent.com/tianon/cgroupfs-mount/master/cgroupfs-mount sudo bash ./script.sh

注記

Linux コントロールグループ (cgroups) は、AWS Greengrass コア デバイス上で実行される Lambda 関数からアクセスできるリソースを制限するために使用します。

AWS Greengrass コア デバイス上の /etc/fstab ファイルに cgroup /sys/fs/cgroup cgroup defaults 0 0 を追加して、AWS Greengrass コア デバイスを再起動するときに Lambda cgroup を自動的に再設定できます。