メニュー
AWS IoT
開発者ガイド

AWS IoT ルールアクション

AWS IoT ルールアクションは、ルールがトリガーされたときに行う動作を指定するために使用されます。DynamoDB データベースまたは Kinesis ストリームにデータを書き込む、Lambda 関数を呼び出す、などのアクションを定義できます。以下のアクションがサポートされています。

  • cloudwatchAlarm では、CloudWatch アラームを変更します。

  • cloudwatchMetric では、CloudWatch メトリクスを取得します。

  • dynamoDB では、データを DynamoDB データベースに書き込みます。

  • dynamoDBv2 では、データを DynamoDB データベースに書き込みます。

  • elasticsearch では、データを Amazon Elasticsearch Service ドメインに書き込みます。

  • firehose では、データを Amazon Kinesis Firehose ストリームに書き込みます。

  • kinesis では、データを Kinesis ストリームに書き込みます。

  • lambda では、Lambda 関数を呼び出します。

  • s3 では、データを Amazon S3 バケットに書き込みます。

  • sns では、データをプッシュ通知として書き込みます。

  • sqs では、データを SQS キューに書き込みます。

  • republish では、メッセージを別の MQTT トピックに再発行します。

  • salesforce では、メッセージを Salesforce IoT クラウド入力ストリームに書き込みます。

注記

AWS IoT ルールエンジンは、現在別のサービスへのパブリッシュに失敗したメッセージの配信を再試行しません。

以下の各セクションでは、各操作を詳しく説明します。