メニュー
AWS Lambda
開発者ガイド

AWS Toolkit for Visual Studio

AWS Toolkit for Visual Studio への Lambda プラグインを使用して、.NET ベースの Lambda アプリケーションを構築できます。プラグインは Nuget パッケージの一部として使用可能です。

ステップ 1: プロジェクトを作成、ビルドする

  1. Microsoft Visual Studio を起動し、[New project] を選択します。

    1. [File] メニューから [New] を選択し、[Project] を選択します。

    2. [New Project] ウィンドウで、[AWS Lambda Project (.NET Core)] を選択してから [OK] を選択します。

    3. [Select Blueprint] ウィンドウでは、サンプルアプリケーションのリストから選択するオプションが表示されます。これは、.NET ベースの Lambda アプリケーションの作成を開始するためのサンプルコードを提供するものです。

    4. Lambda アプリケーションを最初から作成するには、[Blank Function] を選択してから [Finish] を選択します。

    5. .NET ベースの Lambda アプリケーションを構築するため必要なライブラリは、プロジェクトの [References] ノードで提供されることに注意してください。

  2. Function.cs ファイルを開きます。Lambda 関数ハンドラコードを実装するためのテンプレートが提供されます。

  3. Lambda 関数を表すコードを記述したら、アプリケーションで [Project] ノードを右クリックし、[Publish to AWS Lambda] を選択することによりアップロードできます。

  4. [Upload Lambda Function] ウィンドウで、次を実行します。

    • Region を指定します。

    • Function Name を指定します。

    • Assembly Name を指定します。

    • Type Name を指定します。

    • Method Name を指定します。

      その後、[Next] を選択します。

  5. [Advanced Function Details] ウィンドウで、以下を実行します。

    • Role Name を指定します。これは、Lambda 関数の実行に必要な IAM ロールです。まだ実行ロールを作成していない場合は、以下を実行します。

      1. AWS マネジメントコンソール にサインインし、IAM コンソール(https://console.aws.amazon.com/iam/)を開きます。

      2. IAM ユーザーガイド の「AWS サービスにアクセス許可を委任するロールの作成」の手順に従って、IAM ロール (実行ロール) を作成します。ロールを作成するステップに従うときに、次のことに注意してください。

        • [Role Name] では、AWS アカウント内で一意の名前を使用します。

        • [Select Role Type] で [AWS Service Roles] を選択し、そのロールを引き受けるアクセス権限をそのサービスに付与するサービスロールを選択します。

        • [Attach Policy] で、Lambda 関数を実行するのに適したアクセス権限ポリシーを選択します。

    • (オプション) Environment で使用する環境変数を指定します。詳細については、「Environment Variables」を参照してください。

    • (オプション) Memory (MB) または Timeout (Secs) 設定を指定します。

    • (オプション) Lambda 関数が、プライベート VPC 内で実行しているリソースにアクセスする必要がある場合は、VPC 設定を指定します。詳細については、「Amazon VPC 内のリソースにアクセスできるように Lambda 関数を構成する」を参照してください。

    • [Next] を選択してから [Upload] を選択してアプリケーションをデプロイします。