メニュー
AWS Lambda
開発者ガイド

AWS Lambda の Amazon CloudWatch メトリクスへのアクセス

AWS Lambda はお客様の代わりに自動的に関数をモニタリングし、Amazon CloudWatch を通じてメトリクスを報告します。これらのメトリクスには、合計リクエスト、レイテンシー、およびエラー発生率が含まれます。Lambda メトリクスの詳細については、「AWS Lambda のメトリクス」を参照してください。CloudWatch の詳細については、Amazon CloudWatch ユーザーガイド を参照してください。

Lambda コンソール、CloudWatch コンソール、AWS CLI、または CloudWatch API を使用して、Lambda のメトリクスをモニタリングしてログを表示できます。次の手順は、これらのさまざまなメソッドを使用してメトリクスにアクセスする方法を示しています。

Lambda コンソールを使用してメトリクスにアクセスするには

  1. AWS マネジメントコンソール にサインインし、https://console.aws.amazon.com/lambda/ にある AWS Lambda コンソールを開きます。

  2. 以前に Lambda 関数を作成していない場合は、「ご利用開始にあたって」を参照してください。

  3. [Functions] ページで、関数名を選択し次に [Monitoring] タブを選択します。

     イベント

    Lambda 関数のメトリクスが図で表示されます。

  4. [View logs in CloudWatch] を選択してログを表示します。

CloudWatch コンソールを使用してメトリクスにアクセスするには

  1. https://console.aws.amazon.com/cloudwatch/にある CloudWatch コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションバーでリージョンを選択します。

  3. ナビゲーションペインで メトリクスを選択します。

  4. [CloudWatch Metrics by Category] ペインで [Lambda Metrics] を選択します。

  5. (オプション) グラフペインで、統計と期間を選択し、これらの設定を使用して CloudWatch アラームを作成します。

AWS CLI を使用してメトリクスにアクセスするには

list-metrics コマンドおよび get-metric-statistics コマンドを使用します。

CloudWatch CLI を使用してメトリクスにアクセスするには

mon-list-metrics コマンドおよび mon-get-stats コマンドを使用します。

CloudWatch API を使用してメトリクスにアクセスするには

ListMetrics オペレーションと GetMetricStatistics オペレーションを使用します。