メニュー
AWS Lambda
開発者ガイド

ステップ 2.3: Lambda 関数を作成する (デプロイパッケージをアップロードする)

このステップでは、AWS CLI コマンド create-function を使用して Lambda 関数 (AccessMemCache) を作成します。

コマンドプロンプトで、create-function プロファイルを使用して、次の Lambda CLI コマンド adminuser を実行します。

次の create-function コマンドは、.zip ファイルのパスと実行ロールの ARN について実際の値を指定して更新する必要があります。--runtime のパラメータ値には、コードの記述に使用した言語に応じて、python3.6python2.7nodejsjava8 のいずれかを指定します。

注記

現時点では、Lambda 関数のコード例は Python のみで示されています。

Copy
$ aws lambda create-function \ --function-name AccessMemCache \ --region us-east-1 \ --zip-file fileb://path-to/app.zip \ --role execution-role-arn \ --handler app.handler \ --runtime python3.6 \ --timeout 30 \ --vpc-config SubnetIds=comma-separated-vpc-subnet-ids,SecurityGroupIds=default-security-group-id \ --memory-size 1024

VPC のサブネット ID およびデフォルトのセキュリティグループ ID は、VPC コンソールで確認できます。

オプションとして、同じ AWS リージョンの Amazon S3 バケットに .zip ファイルをアップロードし、前述のコマンドでそのバケットとオブジェクト名を指定することもできます。次に示すように、--zip-file パラメーターを --code パラメーターで置き換える必要があります。

Copy
--code S3Bucket=bucket-name,S3Key=zip-file-object-key

注記

また、AWS Lambda コンソールを使用して Lambda 関数を作成することもできます。関数を作成する際には、Lambda 用の VPC を選択し、表示されたフィールドでサブネットとセキュリティグループを選択します。

次のステップ

ステップ 3: Lambda 関数をテストする (手動で呼び出す)