メニュー
AWS Lambda
開発者ガイド

チュートリアル: Amazon DynamoDB で AWS Lambdaを使用する

このチュートリアルでは、DynamoDB ストリームからのイベントを処理する Lambda 関数を作成します。

このチュートリアルは大きく 2 つのセクションに分かれています。

  • 最初に、必要なセットアップを実行して Lambda 関数を作成し、サンプルイベントデータを使用して、その関数を手動で呼び出してテストします。

  • 次に、ストリーム対応の DynamoDB テーブルを作成し、AWS Lambda でイベントソースのマッピングを追加して、ストリームを Lambda 関数と関連付けます。AWS Lambda はストリームのポーリングを開始します。次に、エンドツーエンドのセットアップをテストします。テーブルから項目を作成、更新、および削除する際に、Amazon DynamoDB はストリームにレコードを書き込みます。AWS Lambda はストリームのポーリングの際に新しいレコードを検出すると、ユーザーに代わって Lambda 関数を実行します。

重要

Lambda 関数と DynamoDB ストリームの両方が同じ AWS リージョンに存在する必要があります。このチュートリアルでは、これらのリソースが us-east-1 リージョンで作成されることを前提としています。

このチュートリアルでは、AWS Command Line Interface を使用して、Lambda 関数の作成、ストリームのAWS Lambda作成、ストリームへのレコードの追加、などの操作を実行します。DynamoDB ストリームを作成する前に、AWS Lambda コンソールを使用して関数を手動で呼び出します。コンソール UI で、戻り値とログを確認します。

次のステップ

ステップ 1: 準備

このページの内容: