メニュー
AWS Lambda
開発者ガイド

ステップ 2.1: デプロイパッケージを作成する

[Filter View] リストから、Lambda 関数で使用する言語を選択します。該当するセクションに、デプロイパッケージを作成するためのコードと所定の手順が表示されます。

Node.js

手順に従って、AWS Lambda 関数デプロイパッケージを作成します。

  1. テキストエディターを開き、次のコードをコピーします。

    Copy
    exports.handler = function(event, context, callback) { console.log("Received event: ", event); var data = { "greetings": "Hello, " + event.firstName + " " + event.lastName + "." }; callback(null, data); }

    注記

    コードサンプルは、Node.js ランタイム v6.10 または v4.3 に準拠しています。詳細については、「プログラミングモデル (Node.js)」を参照してください。

  2. ファイルを AndroidBackendLambdaFunction.js として保存します。

  3. AndroidBackendLambdaFunction.js ファイルを AndroidBackendLambdaFunction.zip ファイルとして zip 形式で圧縮します。

次のステップ

ステップ 2.2: 実行ロール (IAM ロール) を作成する

Java

次の Java コードを使用して、Lambda 関数 (AndroidBackendLambdaFunction) を作成します。コードは、ハンドラーへの最初のパラメータとして Android アプリイベントデータを受け取ります。その後、コードはイベントデータを処理します (説明のために、このコードは CloudWatch Logs にイベントデータの一部を書き込み、応答で文字列を返します)。

コードで、handler (myHandler) は入出力に RequestClass および ResponseClass 型を使用します。コードでは、これらの型を実装しています。

重要

次のセクションで、サンプルモバイルアプリケーションを作成するときに、サンプルクラス (POJO) を使用して入出力データを処理します。

Copy
package example; import com.amazonaws.services.lambda.runtime.Context; public class HelloPojo { // Define two classes/POJOs for use with Lambda function. public static class RequestClass { String firstName; String lastName; public String getFirstName() { return firstName; } public void setFirstName(String firstName) { this.firstName = firstName; } public String getLastName() { return lastName; } public void setLastName(String lastName) { this.lastName = lastName; } public RequestClass(String firstName, String lastName) { this.firstName = firstName; this.lastName = lastName; } public RequestClass() { } } public static class ResponseClass { String greetings; public String getGreetings() { return greetings; } public void setGreetings(String greetings) { this.greetings = greetings; } public ResponseClass(String greetings) { this.greetings = greetings; } public ResponseClass() { } } public static ResponseClass myHandler(RequestClass request, Context context){ String greetingString = String.format("Hello %s, %s.", request.firstName, request.lastName); context.getLogger().log(greetingString); return new ResponseClass(greetingString); } }

ファイル (HelloPojo.java) に先ほどのコードを保存します。これで、デプロイパッケージを作成できるようになりました。以下の依存関係を含める必要があります。

  • aws-lambda-java-core

デプロイパッケージは、.zip ファイルまたはスタンドアロン .jar とすることができます。デプロイパッケージを作成するために、使い慣れた任意のビルドおよびパッケージ化ツールを使用できます。Maven ビルドツールを使用してスタンドアロン .jar を作成する方法の例については、「IDE なしで Maven を使用した .jar デプロイパッケージの作成 (Java)」および「Maven および Eclipse IDE を使用した .jar デプロイパッケージの作成 (Java)」を参照してください。Gradle ビルドツールを使用して .zip ファイルを作成する方法の例については、「.zip デプロイパッケージの作成 (Java)」を参照してください。

デプロイパッケージ (lambda-java-example-1.0-SNAPSHOT.jar) が作成されたことを確認したら、次のセクションに進み、IAM ロール (実行ロール) を作成します。Lambda 関数を作成するときに、そのロールを指定します。

次のステップ

ステップ 2.2: 実行ロール (IAM ロール) を作成する

このページの内容: