メニュー
AWS Lambda
開発者ガイド

ステップ 3.1: Amazon API Gateway を使用して API を作成する

このセクションのステップに従って、新しい Lambda 関数とそれをトリガーする API ゲートウェイ エンドポイントを作成します。

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、AWS Lambda コンソールを開きます。

  2. Create Lambda function を選択します。

  3. [Select blueprint] ページで [microservice-http-endpoint] 設計図を選択します。[Filter ] を使用して検索できます。

  4. [Configure triggers] ページに API ゲートウェイ トリガーが入力されます。作成される API のデフォルト名は LambdaMicroservice です (必要であれば、[API Name] で名前を変更できます)。

    注記

    ウィザードを完了して関数を作成すると、選択した API 名の下に Lambda によって自動的にMyLambdaMicroservice (関数名) というプロキシリソースが作成されます。プロキシリソースに関する詳細については、プロキシリソースのプロキシ統合を設定するを参照してください。プロキシリソースには、AWS_PROXY 統合タイプおよびキャッチオールメソッドである ANY があります。AWS_PROXY 統合タイプでは、Lambda はデフォルトのマッピングテンプレートを適用してリクエスト全体を Lambda 関数にパススルーし、Lambda 関数の出力を HTTP レスポンスに変換します。ANY メソッドは、GETPOSTPATCHDELETE などを含むすべてのサポートされているメソッドに対して同じ統合設定を定義します。

    トリガーを確認したら、[Next] を選択します。

  5. [Configure function] ページで以下の操作を実行します。

    1. Lambda 関数に事前に設定された情報を確認します。

      • RuntimeNode.js 6.10

      • JavaScript で作成されたコードが提供されます。コードは呼び出されたメソッドと提供されたペイロードに基づいて、DynamoDB オペレーションを実行します。

      • [Handler] に index.handler が表示されます。形式は次のとおりです。filename.handler-function

    2. 関数名として、[MyLambdaMicroserviceName] に「」と入力します。

    3. [Role] に作成する新しいロールのロール名を入力します。

      注記

      [microservice-http-endpoint] 設計図は [Policy templates] フィールドの Simple Microservice permission ポリシーテンプレートにあらかじめ入力されているため、新しいロールの作成時に追加できます。これにより、そのポリシーに添付されている必要なアクセス権限が自動的に新しいロールに追加されます。詳細については、「ポリシーテンプレート」を参照してください。

  6. Create function を選択します。

次のステップ

ステップ 3.2: HTTPS リクエストの送信をテストする

このページの内容: