メニュー
AWS Lambda
開発者ガイド

Amazon API Gateway での AWS Lambda の使用 (オンデマンド HTTPS 経由)

この例では、Amazon API Gateway を使用してシンプルな API (DynamoDBOperations) を作成します。Amazon API Gateway はリソースとメソッドの集合体です。このチュートリアルでは、1 つのリソース (DynamoDBManager) を作成し、それに対する 1 つのメソッド (POST) を定義します。このメソッドでは-Lambda 関数 (LambdaFunctionForAPIGateway) が使用されます。つまり、HTTPS エンドポイントでメソッドを呼び出すと、Amazon API Gateway が Lambda 関数を呼び出します。

DynamoDBManager リソースの POST メソッドでは、以下の DynamoDB オペレーションがサポートされます。

  • 項目を作成、更新、削除する。

  • 項目を読み取る。

  • 項目をスキャンする。

  • テストに使用できる、DynamoDB に関連しないその他のオペレーション (echo、ping)。

POST リクエストで送信するリクエストペイロードによって、DynamoDB オペレーションが識別され、必要なデータが提供されます。以下に例を示します。

  • DynamoDB の Put Item オペレーションのリクエストペイロードの例を以下に示します。

    Copy
    { "operation": "create", "tableName": "LambdaTable", "payload": { "Item": { "Id": "1", "name": "Bob" } } }

  • DynamoDB の Read Item オペレーションのリクエストペイロードの例を以下に示します。

    Copy
    { "operation": "read", "tableName": "LambdaTable", "payload": { "Key": { "Id": "1" } } }

  • echo オペレーションのリクエストペイロードの例を以下に示します。リクエスト本文に以下のデータを使用して、HTTPS PUT リクエストをエンドポイントに送信します。

    Copy
    { "operation": "echo", "payload": { "somekey1": "somevalue1", "somekey2": "somevalue2" } }

API エンドポイントの作成および管理は、AWS Lambda コンソールで行うこともできます。たとえば、設計図から microservice を検索できます。このチュートリアルでは、コンソールを使用せず代わりに AWS CLI を使用して、API の動作を詳細に説明します。

注記

API ゲートウェイ には、次のような高度な機能があります。

  • リクエスト全体のパススルーAWS_PROXY 統合タイプを使用して、Lambda 関数で HTTP リクエスト全体 (リクエスト本文だけでなく) を受信し、HTTP レスポンス (レスポンス本文だけでなく) を設定できます。

  • キャッチオールメソッドANY キャッチオールメソッドを使用して、API リソースのすべてのメソッドを単一のマッピングを使用する単一の関数にマッピングできます。

  • キャッチオールリソース – 新しいパスパラメーター ({proxy+})) を使用して、リソースのすべてのサブパスを、追加構成を必要とせずに Lambda 関数にマッピングできます。

これらの API ゲートウェイ機能の詳細については、プロキシリソースのプロキシ統合を設定するを参照してください。

次のステップ

ステップ 1: 準備

このページの内容: